着るもの

リクルートスーツを捨てる!!

今回、スーツを意味もなく新調したことで、ようやく過去の屑なリクルートスーツを捨てることができると心が躍り、捨てる儀を行うことにした。 何度も書いてるけど、元々はスーツが大嫌いだ。 散々書いた理由をまとめると。・体格的にスーツが合ってない・強…

リクルートスーツが悪夢の入り口(スーツ考察2)

そんな感じでスーツをほめたたえてきたわけだけど、やはり元々はスーツに嫌悪感を持っている。ここからはスーツへの不満を述べていこう。 スーツにブラウスを合わせるのは、まあ素敵じゃない。ネックレスを光らせるのも、女らしいよね。でも、襟付きのスーツ…

気にする人こそ、いい服を着よう(スーツ考察1)

さて、今回、スーツ量販店に初めて一人で自分から足を運び、スーツって今まで最悪でどうしようもない、苦痛なだけのイメージしかなかったけれど、なんか新鮮な気持ちにさせられたわ。 まず、カッコイイ。 どうしても就職活動という悪いイメージしかないから…

スーツ嫌い、とうとう買ってしまう(購入編)

前回、そんな感じで下見を終えた翌日、さっそく青山の方へ出直し。 まあ、店員がいないこと。近寄っても来ない。仕方なく呼びに行く。 気になっていたグレーチェックのものを羽織らせてもらうと、うん、やはり素晴らしい。サイズは7号。 下はパンツにするつ…

スーツを求めて量販店へ(下見編)

さて、どんなお店でスーツを買えるのか。(←もう買う気満々である) なぜかというと、普通のお店でも、スーツっぽいフォーマルなものは売られているからだ。しかし、色がブラックだったりと無地が圧倒的に多く、形もカジュアル寄りになっており、お値段もま…

30代、これからの装い

20代の自分の私服は、本当に誰よりもつまらなかった。 体型の劣等感に苛まれて、これが好きだとか以上に、これならマシに見えるか、を意識しすぎたせいもあった。大学の頃は、毎晩悩んでいたな。 ちょっとしたゆとりが、細く見せるのではなく、実物以上に太…

職場の皆さんの服装(20代から60代まで)

冬の到来に、私は焦った。 新しい紫のスカートを履いていこうと思ったが、あいにくと天気が悪い。 これからの季節、さすがにスカートに靴下ではもう寒かろうと引き出しを開けてみたところで気が付く。タイツが全て10年ものであることに。 どれも、大学生~23…

スーツが欲しいなぁ

30代になり、時に就職のため、時にかしこまった場合に備え、なんだかスーツが欲しくなった。 正直、男のスーツは素敵だが、女のスーツはなにかが違う。 パンツにブラウスやニットを合わせたただのパンツコーデは素敵だが、ジャケットを合わせると、どうにも…

ラップスカート、ソワソワする瞬間

久々に、スカートを履いて仕事に向かおうと思った。 ふくらはぎ丈のスカート。 この時期に売っているような、厚みがあってタックも申し分ないチェック柄のスカートなどは、体型的を著しく悪く見せる。 かといって、タイツを履くには早く靴下では寒いため、膝…

体型の母さん化

夏、2年以上ぶりに見た友達は、以前会った記憶の中の彼女よりも、えらく腕が太ましく見えた。 年齢、いわゆる「母さん感」を、そこに見た。 しかし、私らももういい年齢。記憶の中の我々のままではない。常に変化に晒されている。 たとえ母さんになっていな…

お似合いのバッグ(マイバッグ)

「マイバッグ 3つのバッグで軽く美しく生きる」という翻訳された本を読んだ。 バッグこそ、常に持ち歩くいわば、パートナーのようなもの。 思えば昔から、それこそ小学生の頃から外出時にはポシェットを持って出かけた。 その当時から男は手ぶら、女は出かけ…

決まりきった夏服

夏は、正直洋服を買う気にならない。 というより、春だってそうよ。 春になってから、5,000円分しか洋服を買えていない。 まあ、その分、今年は帽子や眼鏡など、小物をそろえられているからちょうどよい。 顔回りを少しでも華やかにしたい、そんな願望が芽生…

サンダルのサイズ感を狙う

通販で靴を買った。 夏に履きたい、サンダル。 行く場所? ―――近所の郵便局だよ。 今回買ったのは、リーボックのサンダル。インスタポンプフューリーサンダル。 スニーカーテイストなサンダルで、大変カジュアルである。 正直、ここの靴って気持ちが悪い。血…

みどり色メガネ

今年の密かなる目標、「サングラスを買いに行く」。 というわけで、サングラス、というよりカラーレンズ眼鏡を無事に作ってきた。 正直、金銭的問題で今年は諦めようと思っていたけど、偶然通りがかった店で、かわいいフレームが売ってたから。 雑貨店で置い…

春の肌荒れ

毎年、になると思う。いや、ここ数年よ。 春、身体が痒い。 身体が痒く、かきむしっていたら、どんどん皮膚がカサカサしてゆき、つるつるになって。 昔は冬場に、いわゆる汗疹としての発疹だった。あまりにも痒くて、冬場でも液体ムヒが手放せなかった。 も…

照明の下では、ピンクもグレーに見える

服屋に寄った。 ちょっとグレーがかったピンク色の服がハンガーにかかっていたのを見つけたから、傍まで近づいていった。 両隣には、同じデザインの白い服と、グレーの服。 この時点で、この服はピンク色なんだな、と私は認識した。 でも、いざ手に取ってみ…

お買い物ができた

頑張って、昨日の悔しさをトライしてきた。 頑張った。褒めてやりたい。 やはり悩んでいる時っていうのは、何事もしっくりこないから、自分でちゃんとケリつけて来られてよかった。 というのもさ。 ここ最近、なかなか誰かと外出する機会なんてほぼなくて。 …

買い物とは、自分と向き合う行為なり

洋服を買うのって大変だ。 誰かと見に行くのも大変だし、一人孤独に見て回るのも大変。 洋服を買う行為って、自分を真っ向から見つめないといけない作業だからだと思う。 お店に入っていく度胸、その中から探し出すアンテナ、それを合わせてみる羞恥心、買う…

お洒落は時に恥ずかしい

日曜日は眼鏡で出かけてきた。 天気が良かったから、まあまあ距離のあるセリアまで歩いて行った。 とはいえ、なかなかソワソワする。普段の慣れない自分で外を歩くって、落ち着かない。 これが、よく会っている人ならともかく、そうでもない、むしろ話しかけ…

眼鏡って楽しい

眼鏡ができたので、受け取りに寄った。 できた眼鏡は、なかなかお洒落な出で立ち。 ダークカラーだけど、みずみずしい感じがある。 メインカラーは濃いブラウンに薄いブルーでブチになってるというか、かけた感じは透明感のあるネイビーのよう。 全体的に控…

いかにも眼鏡>さりげなく眼鏡

実は、眼鏡に大枚をはたいてきた。 個人的な選ぶポイントは、メタルフレームじゃないやつ。 で、丸すぎないやつ。 顔そのものも大きい方ではないから、横幅があまり広すぎないやつ。 見て回り、勧められつつ、かけ替えし。 最終的に3点まで絞り込んでみた。 …

私が思う、彼女のイメージ

友人のために見繕ったコーディネートを、簡単に。 顔があっさりとした子だから、ニットはファサッとした、今にも抜け落ちそうな毛でできている、そんなニットをおすすめ。 普通のニットよりも華やかさが出るし、華奢な体型にも少しの躍動感?が出るような気…

彼女が思う、私のイメージ

新年に考えた、お互いのイメージを含めて、コーディネートを組み合ってみましょう、という企画。 hikikomoru-shikou.hateblo.jp 友人からコーディネート案をいただけたので、簡単に紹介。 その友人からみた私のイメージ、というか似合いそうな雰囲気は、パス…

部屋着のための部屋着

比較的最近、部屋着を部屋着のために買った。 といっても、部屋着用の服として売っていたわけではなく、外でも十分着られるデザインだが、なんとなく部屋で着た方が、しっくりくるような素材。 ボワッとしたやつ。 思えば、これを部屋着として買う!と決めて…

新たな自分のイメージを探して。

久々に県外に住んでいる友人と連絡を取り合った。 私が最近、お洒落する目的というか、行く当て、会う友人もないのに、なぜか洋服を買ってしまう、という話で。 昨年、世間的には、確かに出かける機会が減ったため、衣類を買うことがあまりなかったと思うが…

お洒落の極意

少し前、去年1回だけ会った人と1年ぶりに会う機会があった。 その方、40半ばほどの方だと思うが、とても若々しい男性だ。 去年お会いしたときも、年齢よりも随分と若い印象を持った。決して童顔ではない。 そして、今年お会いした時、まず、本人だと分からな…

脱カーディガン、自由へ

カーディガンを着なくなってから、私の私服はカジュアル化が進んだ。 ここ最近買った服は、全てフードがついている。 もうカーディガンを着るコーディネートに飽き飽きした私は、思いっきりカジュアルに走っていることを自覚している。 でもいいのだ。お上品…

逃げのカーディガン

最近、めっきりカーディガンを着なくなった。 昔の職場は来客が多かったせいもあって、ひざ丈スカートにシャツやニットの上からカーディガンを着ることが多かった。 というよりも、ほとんど年がら年中カーディガンを羽織っていた。夏はTシャツにカーディガン…

なぜ洋服を買うかって?

自分のお金で何を買うか。 一人暮らしをしている友人は、基本、お金は生活費と、あとは如何に家で快適に過ごせるかを考えて、家具を買うことが多い。 クッションや寝具、便利な調理道具、電化製品、たまにゲームソフト。そんなところ。もちろん、外食なんか…