ひきこも思考

考察とnikki

夜の後楽園にゆく(秋のライトアップ)

夏に予告の通り秋の岡山後楽園、行って参りました。
というか、夜の後楽園。

栗林公園にも行ったので、後楽園も同じく夜の方がいいだろうと17時前に入り、暗くなるのを待ってました。

栗林公園の記録↓

hikikomoru-shikou.hateblo.jp

過去の後楽園の記事
岡山記(後楽園連れ合いの旅)
後楽園の真実

上記2つの記事からも分かる通り、後楽園の特徴と言えば、とにかくまっ平な敷地内。
無駄に多い芝生、そして池の広さ。平坦という言葉がまぁしっくりくる。

こちらも、紅葉している木はあくまで一部分。
秋の雰囲気を出している所に灯りを置いて、いい感じに照らし出す。
当然、人もそこに集まります。

モミジのライトアップ

こういう場所は一部分(栗林公園同様)

有名な庭園ということで、年配の方が多かった印象。
祖父母を連れた家族連れも割と見かけた。

後楽園付近には岡山城があり、園の中から頭が突き出て見える所には、多くの方が夕暮れと共に集まってきておりました。

ちなみに岡山城は、黒っぽい部分が地であり、なんか凸凹としているのでロボットぽさを感じます。

岡山城ライトアップ

昼間は特にロボットのように見える

趣はないですねぇ。

むしろ未来感を感じえます。
というか、レゴで作ったお城感がある。
美しくはない分、男の子が好きそう。

公園内は、踏み入れる芝生と立ち入り禁止の芝生があって、立ち入り禁止の方では和傘が一定の距離を取って飾られてました。

ただ正直、私の6年物のスマホで夜間の撮影には限界があると栗林公園で悟ってしまっているので、今回はあまり熱心に撮影はせず、夜の雰囲気を楽しんできました。

やはりここでも、ガチカメラの方がいらっしゃって場所を確保してました。

夕暮れの後楽園

日が暮れ始めた時。これはこれでアリだ

さて、私は栗林公園の方にもこのライトアップの期間お邪魔しまして。
期間が実はかぶっているのですが。

後楽園が明るいのに対して、栗林公園は暗めです。

というのも栗林公園は一部起伏が激しく、木々が複雑に入り組んでいるため見通しがよくないのです。ついでにすぐ背後に山が控えてもいる。

このおかげで昼間に散策するのは大変楽しく、美しい園内をボリュームたっぷり堪能することができるけど、夜となると話は変わる。

暗いため足元が見えづらく、地図を見ることすらままならない。
(道にある灯りを頼りに地図を見る年配の方を何度も見かけた)

今、自分がどこにいるのかも分からず最悪園内で遭難する。

一方の後楽園。

後楽園

後楽園は、簡単に一周できる

立体感がまるでなく、平坦でのっぺりとした敷地内。
夏に昼間来た時は、それが若い私にはつまらなくて不満だったけど、夜にはこの短所が長所へと変わる。

足元も安定しているから、年配の方でも安心して暗がりを歩けます。

ここでは地図を手にしている方なんて見かけなかった。
そりゃそうだ。
見通しがいいから、どこが撮影スポットなのかが遠くからでも一瞬で分かるのだから。

いちいち地図なんて見なくても、遠くをちょっと見渡しただけで、だいたい分かる。

ああ、あそこらへんが赤いな、とか。
あそこは竹があるな、ってのが一目瞭然。

これ、栗林公園ではありえないですよ。
どこが撮影スポットなのか、入り口からは全く見えません。
(入り組んでいるから、奥ゆかしいともとれる)

とまあ、こんな風に、同じ公園のライトアップであったとしても、違いがあるものです。

それは演出というよりかは公園自体の造りによるもので、個人的には昼間に訪れるなら栗林公園、夜に訪れるなら後楽園がいいと思いました。
(ただ、夜は期間がかなり限られるが)

後楽園ライトアップ

紅葉のない場所は、こんな仕掛けが・・

もし中四国をこの時期(ライトアップの時期)旅行したいと思う庭園マニアの方、午前中に栗林公園を訪れ、夕方に後楽園に着くよう計画を立ててみてください。

昼間の後楽園は本当につまらないです。見どころがない。すぐに回れてしまう。
しかし、これが夜になると良さに変わります。

あくまで個人的な意見にはなるけど、どちらもそれぞれ、違ったタイプの庭園ですので、ぜひご旅行の際には訪れてほしいもんです。

ちなみに17時半には、チケット売り場に列ができてたので(ライトアップは17時~)、
少し早めに行って購入して一通り見た後、暗くなるのを待つか・・

夕闇の後楽園

夕闇の方が意外と美しかったりする

あるいは一度退園して早めのご飯を食べた後に再入場という形がスムーズかと。

夕暮れの瞬間が、思いのほか美しかったのでお勧めです。

夜の栗林公園にゆく(秋のライトアップ)

実は、その日は「さくらももこ展」を見て帰ったわけではなく、そこからちょっと寄り道もした。

さくらももこ展はこちら↓

hikikomoru-shikou.hateblo.jp

今回、目的はももこ展だったけど、11月18日~27日の10日間、栗林公園のライトアップの時期とうまい具合に重なるということで、ついでだから行ってみようと思い寄ることにしたのでした。

高松市美術館からは、商店街のアーケードをまっすぐに行って、アーケードを抜けてもまっすぐ行って、見えてきた信号で曲がると栗林公園にたどり着く。

栗林公園ライトアップ

のぼりが2本立ってました。

ここ栗林公園自体は、友人と4年くらい前に訪れたことがある。

その時は自転車を借りて駅から走ったものです。
一応、その時も11月だったけど紅葉はしてなかったし、夜に行くという体験もしてみたかったということで。一人だけど。

さて、さっそく入場。

まず感想をひとつ。
暗くて何も見えんわ。

最初、入り口の所で鑑賞コース案内図をもらうんだけど、園内がほぼ真っ暗なので、何も見えん。

ライトアップといえど、園内全体を照らしているわけではなくて、あくまでスポット的に照らしている感じ。

栗林公園ライトアップ

大部分は右側。左はスポット的にだけある

もちろん、道中も誘導用の灯り?なんかがあって凝ってたけど、それだって互いに一定の距離を取っている。
撮影スポットこそ明るいが、それ以外は基本真っ暗。

このように、誘導灯の前で地図を広げている方を何人見たことか。

夜の栗林公園

道の明かりを頼りに地図を見る人

あと、園内は基本、砂の道。

そして部分部分で石畳のような道が続いていて、気を付けないと滑りそうになる。

木の根っこが張り出してるところもあって、足元に注意しないとドジは躓くでしょう。

そんな道を、あろうことかピンヒールのブーツで来ていた女性がいて、まあ、よくそんな靴で・・・と感心しました。

正直、岡山の後楽園はそれでもいいけど、こっちの公園は起伏に富んで、途中橋を渡ったりもするので、そんな足元が危うい靴はやめた方がいいかと。
ましてや夜なんて。

あ、でも中には下駄をゴロゴロいわしながら歩く男性もいた。

しかも1本歯。もののけ姫のジコ坊(赤いオッサン)が履いてるようなやつ。
それはそれで、なかなか逞しい。

ススキと灯り

なぜかあったススキ(?)

そして、まあ園内が広いし、1本道で帰ってこれる場所じゃないんですよね。

だから、全てをぐるっと見て回るのは難しく、園内が暗いものだから地図もろくに見れず、自分が今どこにいるのかが全く分からないという。

まあ地図は当てにならないので、なんとなく適当に道を進んではみたけれど、思いもしないところから、かつて来た道に合流し、結果的に逆走したまま入り口に戻ってきました。

栗林公園ライトアップ

ホントこういう場所は、あくまで一部です

ふう、結構疲れた。

栗林公園の良さは、歩き甲斐のある広さと場所によって異なる景色なのです。
その見所が多さが、何度も行きたくなる飽きの無さにつながる。
その散策は、いい運動になる。

園内は、どちらかというと松が多いので、紅葉の赤はほとんど見れず。
(松は針葉樹林)

だからこそ、一部赤くなった木には人がたむろ。

松も照らされていたけど、正直、この暗さで浮かび上がる松は怖い感じがするため、誰も見ていなかった。やはり、ライトアップにはモミジが一番いい。

でも、私の勤続6年になるスマートフォンでは、どうしてもこれが撮影の限界。

栗林公園ライトアップ

船が川をゆくのです

撮影スポットでは、脚立を設置した一眼レフ、望遠カメラで撮影に臨むプロだかアマチュアの方をチラチラ見かけたが、その後ろからのぞき込んでみると、それはもう我々素人のスマホの限界をはるかに超えた、素晴らしい写真が撮れていらっしゃる。

まさに、パンフレットに載っていてもおかしくないくらいの出来栄え。
もうね、上記の船が光に包まれてました。

ああいうのって加工とかしてるんだろうと思ってたけど、違うんですねぇ。

自身の写真を見て、私は途中でスマホを鞄にそっとしまった。

特別名勝栗林公園

おわり

さくらももこ展にゆく(高松市美術館にて)

さくらももこのファンであった。

亡くなられた時は、もうエッセイが読めなくなることを嘆いた。そして泣いた。

作品が読めなくなることを残念がるなんて、さくらももこも作家として幸せだろうと、でもやっぱりさみしい。

亡くなられたのはガンでした。
亡くなる以前にも一度ガンになり、その後は回復されたけど。

それ以降、健康にもすごく気を遣っていたみたいだけれど、やはり、そういうのが原因ではなかったのでしょうね。

今回、さくらももこ展がどういうわけか香川県高松市で開催されると夏に知っていたので、休みを使って参った。

エッセイで、自分が死んだら遺作フェアをやると自分の死後の話を持ち出してきたのが、こんな形で現実になるとは・・

とりあえず、都会ではなく小さな四国から始まったこの遺作展に、私はひっそりと足を運んだ。

さくらももこ展

どういうわけか、ここから始まる

会場は高松市美術館といって、高松駅からも近い場所。
15分くらいで歩いて行けます。道もほぼまっすぐ。

高松駅は四国の入り口なのでアクセスもよい。

始まってすぐ、さくらももこの息子さんが出したコメントがあって、一人感慨深い気持ちになる。

そうか、あの小さかった息子さんも、もう立派な成人になったんでしたね。。

展示は、まあ原画がメインなので変な派手さもなく、休日なのに客も少なかったので静かにじっくりと見て回れる。

私は漫画を文庫版の小さい奴でしか読んだことがないため、今回原画を初めて目にして、当たり前だけど、思いのほか大きかったことに初めて気づく。

意外と線もくっきりしてて、サインペンの細いやつ?みたいな感じで、緩やかに描かれていた。

ちびまる子の漫画の好きなところの1つに、背景の表現がある。

他の漫画ではまあ、出てこないような謎の表現・演出が呑気な日常にちょっとした毒味を加えている。

こういう演出、90年代のセル画アニメでも目立つのだ。
アニメでは謎の歌の演出がちょくちょく入るので、インド映画のスピリットすら感じる。

よくよくみたら、すごく丁寧に描かれていたり。

あと、カラーの表紙とかのセンスも素敵。
何でこれを思いついたのかっていうくらい、抽象的な絵を描かれる。

そう、さくらももこは、ちょっと独特な作家なのだ。

さくらももこ展

展示の一部(一部のみ、撮影可能)

前半はちびまる子、後半は他作品の原画が並ぶ。

ここらへんからも、ちょっと独特の感性をしていることがうかがえる。
正直、さくらももこを漫画家という括りにしていいのか、ちょっと悩ましい。

個人的にはエッセイも好きで、今でもたまに読む。
あの人の日常も、ちょっと愉快なのだ。

最後、ちょっとした撮影OKコーナーがあって、記念に撮影しているとさっきまでそこに座っていたスタッフの女性(50代)が、「ここに荷物を置いてください」と、椅子に置くよう促してきた。

いや、そんなのどこにも書いてないし、お前がさっきまで座ってた椅子だよなぁとちょっと毒づいた。

さくらももこ展

小さなフレームが、まるで思い出の如く

さて。

そんな展示の最後にはグッズの購買コーナーがあり、どういうわけか、この使い道がなさそうなキープレートを買ってしまった。
まあ、記念だし。

キープレート

これは、なんのシーンでしょうか?

もっと可愛い柄もあったけど、一番シュールな奴をチョイスしてしまった。

私の前にレジに並んでいた上品なおば様は、鞄やら何やらを3万円くらい買っていた。

いくらももこファンでもそこまでは出せないと、つばちゃんグッズに3万かけた私は思った。

個人的に、お気に入りのエッセイは「またたび」である。

 

ありがとう、さくら先生。
これからもエッセイ読むね。

ちびまる子ちゃん

ありがとう。

会社に来ないでほしい(リモートワーク最前線②)

前回の続き。

hikikomoru-shikou.hateblo.jp

そんな風にして、様々な企業が今後、バーチャルなものになっていくとしたら。

もはやオフィスなんていらなくなると思う。
オフィス街なんてものがなくなる。

そして、そこにあった飲食店などのお店もまた、不要になる。

みんな家の中でPCを付けるだけで、バーチャルなオフィスに入って顔を合わせるみたいな。

今だって、オンライン会議なZoomやTeamsを筆頭としたネットを介した会議が可能なわけだから、これがもっと進めば。
そもそも事務所なんていらなくなる。

週一の出社、月一の出社、いつしか1年に1度の顔合わせ。

そこまでくると、会社に属するという意味さえ無くなるかもしれぬ。
年一の顔合わせなんて、それはもう属しているとは言えない。
名前だけ知ってる親戚と変わりない。

もう完全にフリーランスになっていく、そんな未来もあり得そうだ。

もはや、完全に先の未来ってわけでもなさそうな、そんな勢いを感じます。

 

リモートワーク

PCあれば、どこだってお金が稼げるのだ

さて先日、リモートワークについて「そんなことがあったのよぉ」と知り合いの方に話をしたら。

「完全にオフィスは無くなるでしょうね」と同じ意見を言われた。

それを裏付ける証拠に、今後炭素税が課税されたら(課税は決定らしいけど)、ますます会社に来られては困る企業が続出するから、大きい所からどんどん在宅に「せざるを得ない」ことになると。

・・・なんということでしょう。

その人が言うには、電気はもちろんのこと、いろんな所にお金がかけられて、交通費などにも影響が出てくるでしょうとのこと。

結果、出社しないでほしいという流れになる、らしい。

今でも、たまに新幹線通勤してる人が世の中にはいるみたいだけど、おそらく禁止されそうだ。
つーか、新幹線に乗って仕事とか!
そこまでして、その人に会社にいてほしいのだろうか。払う価値ある?

確かに先日の会議の方でも、最終的には出社は週1くらいに「抑えてほしい」という有無を言わせぬ空気を私は感じ取っていた。

なぜにそこまで、と思っていたけど、そうか、税金として引かれてしまうのかと。
もう決定事項だから、従わざるをえないのね、と。

従業員の「生活のため」なんて響きのいいことを言ってるけど、結局は節税のためだったのか・・・

うまくカモフラージュされてたもんだ。
選んでいるようで、実は選ばされてるというか・・

確かに、ちょっと取り組みとして異常な感じもあったものな。

「納得できなくても、納得してほしい」というような切実な言い方ですらあったのだから。

でも、どっちにしたって「自由な」働き方なんてできそうにないなという印象だけは間違っていない。

そういう言葉で胡麻化しているように見えるのも、おそらくは。
今から先手を打って、従業員を騙そうとしているのか。

目的がどうあれ、従業員に逆らう権利などない。

みなさんの働かれている会社は、どうでしょうか?
交通費をかけてまで、わが社で働いてほしいと会社は言ってくれるでしょうか?

オフィスはいらなくなるのではない。
あっても邪魔なゴミになるのである。

日本衰退の原因はこれだ

前回で散々書き散らしたあと、個人的に発見をしたから聞いてほしい。

日本がなんで、こんなにも頭が抜き出ない国に成り下がってしまったかを。

それはね。
言いたいことがあっても、それを飲み込んでしまい、くすぶらせてしまっているからよ。

つまりは、たぎる思いをうまく仕事にぶつけられないせいだ。

みんな誰しも、仕事をしてれば熱い思いを持ってるものじゃない。プロとして。

それをね。うまく上にぶつけられない。
ぶつけるというか、表現するというか。

ぶつけられないから、それを発散するために何らかのコンテンツに一思いにぶつけるのだ。
例えばアイドル、音楽、スポーツ観戦、ゲーム、アニメ、食などなど。

溜まりに溜まったものの発散の口が、そういったコンテンツだからこそ、その産業は異常なまでに成長する。
技術が云云かんぬんって言っても、需要がないとそもそも供給はされない。

だからそうでしょ、日本って農業や畜産、モノづくりや化学なんかより、圧倒的にこっちの方が強いでしょ。

そうした産業が衰退してるのは、うまくエネルギーが回ってない証拠だよ。

個人の中でエネルギーが内部で詰まって、だから病気になるんだよ。
当然じゃ、そんなもん。

何がクールジャパンだ。

本業で情熱をぶつけられない、持て余したエネルギーを食や音楽、アニメやゲームにつぎ込んで発散してるだけじゃないの。

だから、熱いんだよ。
だから成長してんだよ、そういった産業に関しては!

そしてどこがクールなんじゃ。

ゲームキャラ

2次元が3次元に来てるんだから

とにかく、日本がこれからもモノづくりなんかで以前のように世界を牽引していきたいというのなら、まずはねぇ、そういう本業に対するエネルギーをぶつけられるような環境づくりや人の育成、そういったことが必要だわ。

日本の衰退は「仕事の非効率化が原因だ」なんてそんな難しいものではなく。

単に一人一人が仕事に対して情熱を燃やせない、ぶつけられない、結果的に趣味にぶつけてしまうという、そういうところが問題なんだよ。

いや、別に、かつて栄えた産業を全て捨てたっていいけどね。

どこを見てもアニメやゲーム、アイドルで溢れた国・ジャパンでもいいけどね。
そもそも観光で成り上がろうとしてるくらいだし。

逆にそれなら戦争で狙われることもなく、もし来ても敵の戦意をアイドルとアニメキャラで削いでしまおう。

「NO MORE WAR」とプラカード持って、かわい子ちゃんが言えば、どっかの国も止まってくれるであろう。

数値ばかりが先行し(リモートワーク最前線①)

聞いてほしい。
今仕事に行ってる会社は、リモートワークの推進を進めているのね。

それはもう会社を挙げて、毎月のように、それぞれの支社?のリモートワーク率を数値化して、足りてないところにハッパかけてんの。

で、うちの所もちょっと低かったらしく「このままではイカン!もっと数値を上げねば!」と上司が張り切っちゃって。

言ってみれば営業成績みたいな感じで、数字を上げることに躍起になっている。

それはもう、ポケモンのレベルを競うように上げている子どもの如く。

もちろん、リモートワークそれ自体はいいんだわ。
掲げている理念も立派。

ライフワークバランス、従業員の生活の質上昇、優秀な社員の育成、そういった言葉はまぶしいし頭が下がる。

ただ、どうにも掲げた目標数値ばかりを意識しすぎている気がする。

本来なら、それぞれの生活があって、中には家で仕事ができる環境にない方もいる。
子どもがお昼で帰ってくるとかね。
(そもそも世のお父さんには自室あんの?)

それなのにも関わらず、数値達成のために在宅にしろだの、なんとか在宅率を上げるために、午前出社して昼から在宅に切り替えろとか。
(そうすれば1日在宅した扱いになるらしい)

なんかもう、自由に働ける環境を目指しているはずのリモートワークが全然自由じゃない。
この状況に、社員すらも不満顔だった。

在宅勤務

選ぶのであって、強要されるものではない

在宅はありがたいけど、ここまで数字にこだわる必要があるのか、そもそも一堂に顔を合わせてやった方が効率がいいこともある。

それなのに、世間の流行りに乗って「リモート!リモート!」と声だけ煩く上げて、本当の意味での効率化・交通費削減とか、自由な働き方だとか、いろんなものが犠牲になっているようにしか見えない。

これじゃあ、まるで従業員は数字のためのコマみたいなものじゃないか。

「リモート率何%です!」とか言えば、いいアピールになるものな。

そういう広報に、いいように使われてる気がする。
だからこそ、納得のいかない顔ばかりだった。

私自身、なんか利用されてるようで気分が悪い。

だから、その会議で
「本来の目的とはき違えてないか。
自由を目指すための働き方が、すごく窮屈で仕方がない。
みんな、その矛盾に気が付いてるから浮かない顔をしてるんじゃないか。
そういう意見があったことを今度の会議で言ってくださいよ!」と言おうかと思ったわ。

・・・一介の派遣社員が。

普段は蝋燭の炎だけど、この時ばかりはキャンプファイヤーになったわ。

 

しかも何?

仕事は始業前、終業後の30分だけはPCを立ち上げた状態でもいいという決まりがある。

だから、みなさんギリギリまで仕事をしているけど(本来それは仕事をしていい時間ではない)、それが何度も注意の対象になってるらしくて。

「そういうことを今後していたら、個別で声をかける」とまで言い出す。

はて、どないしろと?

仕事の時間は決まっている。それなのに仕事の量は増えるばかり。
一体決められた時間で終わらなかった分は、どこへ持っていくの。

だから、みんな昼休みもカタカタやってんのよ。

本人の効率を上げろって、暗に言ってんの?
(ちなみに私はお昼休みは誰より早くご飯を取りに行き、みんながカタカタやってる隣で食ってるわ)

本当、日本人の変な真面目さって、本当にどっかズレてる。

私らの求める自由って、こんななの?
求める理想の働き方って、こんななの?

つーことを、みんな心の中で分かってるのに、誰も言えない環境こそが、最大の悪だと思った。

 

続き↓

会社に来ないでほしい(リモートワーク最前線②) - ひきこも思考

仕事帰りにプールで遊ぶ大人

11月も半ばを過ぎる仕事帰り、市民プールへ寄ってきた。
当然ながら室内温水です。

20時30分まで営業しており、私が行った時は18時30分。
客は10名程度。

夕方のこの時間、仕事帰りの男女が数名とおばさん、そして小学生が個人レッスンを受けていた。
例のイケメンコーチな兄やんもいた。
(詳しくは、こちら「一人でプール日和」

その日は小学生相手の指導だったので、もうちょっと一般的な形の水着であったが(前回はブーメランね)、やっぱり日焼けして締まった肉体を強調する派手な水着と甘いマスクはカッコいいな。

ちなみに先生は2人います。どちらも男前である。

たまに、こうやって仕事帰りに水と戯れる日があってもいい。

私にとって遊びって何だろうって考えてみたら、身体を動かすことでした。

決して人とコミュニケーションをとることではない。

やっぱり、いくつになっても金曜くらいは遊んで帰りたいものよね。

 

あくまで遊びだから、ストイックに泳ぐことはなく。
だから、いつも自由レーンなのです。

隣の泳ぐ専門レーンを見てると、あんなスピードで25メートルを泳ぎ続けるなんて無理。

ゴーグルも持ってないし、何より泳ぐための水着ではない。
どっちかっていうと、遊ぶための水着である。

私は、仕事終わりの疲れた自分を水の中でプカプカ浮かせたい。水と戯れたいのだ。

実際、水面をプカプカ浮いてきた。

背泳ぎって初めてやってみたけど、思っている以上に楽なんですねぇ。
ただ上を向いて、足をバタバタしただけで意外と進む。

あれは素晴らしく気持ちがよかった。

こんな風だから、ちょっとだけ泳いだり、水中ウォークくらいで十分。
これくらいだと1時間遊んでても全く疲れない。

これからの季節、自転車で通うのは厳しいので早く春が来てほしい。

あと冬場はシャワーの後に身体をケアしないと、皮膚がカピカピになるのも要注意。

 

まあジムもそうだけど、市民プールに関しては一人で行くのが普通のことだと思うけど、やっぱり屋外のレジャープールだと誰かと一緒に行きたいものです。

でも、水着にお金がかかるし苦手な人も多いから、まず誘いませんね。

水着って1万を軽く超える。
しかもちょっとしか着ないし。

なんというか、自分の我儘のために人に余計な負担をかけるのが嫌なんですよね。
自分の趣味を押し付けたくない。遠慮しぃなんです。

だから、なんだかんだ、ご飯に行くという共通の行為以外は、基本どこでも一人で行くことが多い。誘うことすらしない。

ペースを乱されるのが嫌いだから、相手のペースを乱すのも嫌なのです。

でも、やっぱり夏には誰かとレジャープールに行きたいよなぁ。。