神社にある鏡

 昨日は、帰りに神社へ寄ってきた。

昔から初詣のときだけ、足を踏み入れる神社。

わりと最近、改装だか何だかを経て、小綺麗になったと見える。

広い神社だと思う。境内は広いけれど、全体的にすっきりとした印象。モノがごちゃごちゃしていない片づけられた家、という感じ。

 

その日、長めの参道を進んでいくと、珍しいことに拝殿が開かれていた。

今まではどうだったか、分からない。

そもそも、参拝する行く時間はいつも遅いため、大抵はどこも閉まっていることが多い。

しかし、今日行ったところは、もう夕方だというのに開いており、そこには、カーブミラーを思い起こさせるような、丸い鏡が奥にあった。

神社には御神体として鏡があるというのは、知識として知ってはいたけれど、この目で見るのは初めてだ。

 

目を閉じて心で祈る。

仕事とか、幸せや喜び、自分で内に、外に見つけに行けるようにと。

本当、最近はエネルギーが抜かれているみたいで、本当、体力も気力も減っていたから。

そして、ここ最近、自分の気持ちを表現しようと頑張っている自分のことも報告。

それと同時に、それを許してくれる環境に対して、ありがたいと思っていることも自然と出てきた。

普段は自分のことばかりで、そんな気持ちなんて湧くことはなかったけれど、こうして目を閉じて手を合わせていると、自然と浮かんでくる素直な気持ち。感謝の心だ。

それこそ、ここしばらくあまり参拝にも行けておらず、出来る限り賽銭はするという自分の中での取り決めさえ、守れていなかった。つい、惜しんでしまうから。余裕がないと、食にも走りがちだし。なんでも貯め込んでしまう。

ここしばらくはエネルギーが枯渇し心身ともに消耗しきっており、買うものはコンビニの食べ物ばかりだったから、逆にあえて、こういう時くらいは、と。少しばかり奮発。

そんな自分に、ちょっと笑顔が戻る。

 

神社には、お願い事と、これからの決意、はたまた愚痴や弱音を静かにそっと語りに行く場所だと思っている。

ひとしきり語った後、まっすぐ目を向けた先にあったのは、鏡に映った自分。

神社って、神様に祈りにいく場所ではあるけれど、今日、鏡に映った自分を見ていると、神様との約束事ではなく、自分との約束事をしに行っているような気がした。

結局、喜びや幸せを探しに行くのは、自分。

自分を助けられるのも、自分。

汝、汝を助けよ。

なんか、涙が滲んだ。

 

八木龍平さんの書く神社の本によると、その鏡に映っている自分は「生まれる前の自分」だという。

参拝することで、鏡を通して「あの世の自分」に対面し、自分の使命を確認する、そういう場所が神社らしい。

参道で祓い清められ、スッとなった心で手を合わせることで、いろんなものを受け取れる。少し、正直になれる。

おかげでちょっとは不安定だった気持ちが落ち着いたみたいだから、今日、気まぐれにウォーキングの途中で寄り道してよかった。

本当は買い物に行きたかったけど、そんな気分じゃなかったのよね。それで正解。落ち込んだ気分で選ぶ買い物なんて、大抵成功しないから。

 

その日の夜、タイタニックの映画をテレビでやってて、初めて視聴したのだけれど。

ローズが最後、救助に来た船に助けを求めるシーンに熱く震えた。

船員が気づいてくれて助かるものだとばかり思っていたけれど、無情にも、ローズに気付くことなく去っていく船。

過ぎ去っていく船に対して、声を出して呼ぶのだろうか、そう思っていたけど。

ローズは自ら、歩み寄っていった。漂流していた船員が、居場所を伝えるために吹いていた笛のところまで泳いで。

ローズは生きるために。

自分から、助かるために。

なんかこう、グッと来る。一番、よかったシーンかな。

今までの自分が、そういう心境だったこともあり、心が動いた。

 

安心できる場所だからこそ

結局、昨日は1時間という短い時間、内に秘めた思いを外に出すことに必死で、なんかものすごくエネルギーを持っていかれ、号泣で体力も消耗、終わった頃には体に力が入らず、そのまま仕事に戻らずに帰宅した。

 

そして、天気の赴くまま自転車を漕いで、自然の残っている所まで走った。

道中、泣いた。

こんな状況の自分を抱えて、じゃあ、これからどこへどう生きていっていいか分からない。

仕事が苦手。押し殺すようなやり方で自分を律して、ビジネスするのが無理。

かといって、母にもなれない。

何にも向かない。それをするための、最低限の自分の自信すら、失われている。究極、もう生きていたくない。それくらいまでには、消耗しきっていた。

 

何にも向いていない。

自分の才能、特徴を発揮できる環境、居場所ってどこだろう。

 

そんな居場所を探さないとダメなんだろうけど、それすら厳しい。それを乗り越えられるような、そんな丈夫な心身を持ち合わせていない。どうしよう。


なんで、こんなことになったのだ。

1年前、勉強を楽しくやってたじゃないか。

自分ができることを伸ばそうって。本も買って。英語とか、語学をやってみようと毎日小さな積み重ねをしていた数か月前が、まるで他人の物語だ。

どうしてこうなったんだ。

自信もやる気も、何もかも失われて、一体私に何が起こったというのだろう。

1年の間に、何が。

 

(帰宅後、動画でピアノ演奏を聞きながら、占星術についてのブログを読みつつ)


でもね、ある意味、こうも考えられる。

今までの自分なら絶対にできなかったことをやろうとした自分。

で、実際にやってみている自分。

前との違い。そして、できない自分、やりたくない自分をあえて表現しようとしているってことは、それだけ、居場所を作りたいと思っているのかもしれない。

素直な自分、自分はこう感じている、こう思っている、そうした本当の自分を出しても大丈夫だと。自分自身にも周りにも。

自分の中で信頼しているし、それだけ安心できる場所だと思っているからこそ、出せている今があるのではないか。

本当に嫌なら、そんな葛藤もせずに、簡単に切り捨てられるよ。どうでもいい相手に、わざわざ弱さなんて出さない。敵の中において、そんな無防備なことはしない。

それが、ごろんとお腹を見せる犬のように、大丈夫だと安心しているからこそ、こうして弱音吐けたり、そういう片鱗を一部見せられたりする。

かに座、どうでもいい相手には優しく親切に他人行儀に対応できるけど、親しい、信頼した相手なら、時に厳しい愛でもって接するし、甘えて毒を吐いたり。

この人なら大丈夫って思えるから、自分のそうした秘めていた部分まで、見せられる。

それまでは、いってみれば「いい子」の仮面かぶって、いい子ぶってるわけね。

ここまでなら大丈夫、でもここからは無理って、割と線引きできていると思うから。

だからこそ、今回のことも、そういうことが自分の中で起こっているのではないかなと。そう考えられない?

 

生身、人間で言う本音とか、そういう部分が傷つきやすくて、だから殻で守ってるのだけど、大丈夫だと思った段階で、その殻を頑張って脱ごうとしていて。

でも、そんな素直になった分、そのせいで自ら、今度はそれを失っていきそうで、なんかもう、どうにもうまくいかないことに。苦しむ。

愛おしいよね、なんか。

それに気付いてしまったから、再度号泣。自分の不器用さに。それでも、そうあろうとした自分の健気さに、愛しささえ感じる。

ちょうど、それを考えてた時に聴いていたピアノ曲が、ニューシネマ・パラダイスの「愛のテーマ」。

好きな曲。まさに愛。


以前にも書いた、いい子をやめた途端、みんな離れていく。だから、それが怖くていい子の仮面を外せない、そんなことをおっしゃる方。

私は、今回自分の殻を脱いで自分を見せてみたけれど、そのせいで、得たものすら失っていくなら、殻を脱ぐことを今後も恐れるかもしれない。

怖いよね。大好きだから、安心して本音みせて、その分、キツイことや思いを言うことによって当然、従順なこれまでの私ではなくなるけど。

それは他の誰かにとって、嫌なことかもしれない。だから、殻脱いだ途端に、そういう人は離れていく。

でも、安心できないと殻を脱げない。自分を見せられない。

最初から見せればいいなんて、難しいよ。そういう生き物だもの。これは、なかなかにジレンマ。

 

こういうこと、正直仕事上でやられたら、たまったもんじゃないんだけどね。

恋愛とか、そういうプライベートな部分で経験してほしいとこだ。残念ながら、そういう経験がないものだから。

悩ましい恋愛って、人を成長させるよね。今の状況も、恋愛として経験していたら、また違った解決方法が見つかったかしら。

 

結局、人が乗り越えていく課題みたいなものは、同じようなもので。

それを人生のどこで、どんな経験を通して学ぶか、それらが違うだけのような気もする。

 

抱いている怒りと、申し訳なさ

昨日2回目のカウンセリングにかかってきた。

今回の話のメインは、怒りを抱いていることについて。

でも、なんでそんなに怒りを抱いているのか、私にも分からない。

確かに、昔と比べて怒りを感じることは、実は増えている。

今までは、感じていたかも分からない。だから、不満もそうなかったし、ただ付き従うだけ。それでよかったし、それに対しても不満なんてなく。

 

でもね、ちょっと最近思うことを書きますと。

私、わりと繊細な神経を持ち合わせているって、最近ようやく認めるに至ったのだけれど。

そういうタイプって、ちょっとしたことで感情が乱され、時に傷つき、時に悲しみに暮れる。その一方で、ちょっとしたことでも幸せを感じる。

要は、小さな刺激でも十分刺激的な生活が送れるというものだ。スリルに溢れている。

味覚が敏感な人が、ひと振りの七味で十分辛さを感じられ、味覚が馬鹿になってる人が、何振りしても求める辛さにならないのと同じように。

それはつまり、ちょっとしたことで怒りを抱きやすい、ともいえるのではないかと、はたと閃いたわけ。

ちょっとしたことで傷つく、喜ぶ、怒りを感じる。こうやって並べてみると、全然おかしい気がしない。

今まで閉じてた感情センサーが、活性化したんだと思う。

だから、まあ最近になって怒りを感じやすくなったこと自体は、別にいいのだけれど。

問題は、そうした怒りを言葉で表現できないことだ。

 

今抱えている職場危機でも、どうも怒りを感じまくっていて。

それをうまく伝えられてない分、私が望んでいることと、向こう(上司側)が気遣ってくれる方向が、うまくすり合ってないような。

互いが互いに変に気を遣って、でもどちらも掠っていない、お互い無駄な気遣いに終わってしまっている。

だからこそ、そこらへんは打ち明けて話した方がいい言われた。

実際、上司がおそらく気遣ってやってくれたことに対して、私は大変ストレスと怒りを感じてしまっている。

それも、私の思いがちゃんと相手に伝わっていないからで。

そこらへんは、ちゃんとお話した方が互いにとっての無駄がなくなる。だからね、時間をとってもらって、話をしてみるよう打診してみた。明日。

本当の思い、全ては私にも分かっていないから、今分かる範囲でだけど。ちゃんと伝えてみる、つもり。

 

あとは、そうね。

最初の方は、そんな感じで怒りにあふれてたのに、最終的には泣いていた。

だって、嫌いではないから。すごく世話になったし、すれ違ってはいるけど、ちゃんと対応してくれているのが分かるし。

なのに、なぜか許せないし、強要されるくらいなら辞めるなんて、思っているのも事実なんだけど、でも、そんな人達を裏切るようで、これまた申し訳なくて。

暖かいから、だからよけいに苦しいのだ。

どっちにも引っ張られ、それで揺れまくっている。

私はどこ。私の気持ちは今、どこへ傾いている?

 

―――どちらにも。

 

隣の男子が目に入った理由

今日、お昼にご飯を食べに行って。

そこで、通路を挟んだ隣のテーブルにて、若い男性が座っていた。

年のころは、20歳くらい。茶色のゆったりした長めのトレーナーに、黒のパンツをはいた彼。

大学生だろうか。

そんな彼が目についたのは、食事している姿勢が、とても綺麗だったから。

まっすぐに伸びた背筋、他の人らが猫背気味に食べている中、まっすぐにスッと座っている姿は、私の目にとても美しく映った。

しかも、よくよく見たら首も長い。

横顔だけしか見えなかったけれど、まあまあハンサムな顔をしてそう。日本人というより、韓国人アイドルっぽい、そんなスッとした感じ。

 

いやあ、カッコよかった。

姿勢がいい人間って、すごく目に付きやすいって言われるもののどこか半信半疑だったけど、本当にそうだった。

いくら顔がよくても、首が長くても、それだけでは目に留まらなかったから。

まず意識の中に入ってきたのが、「まっすぐな背筋!」だったのだから、やはり姿勢はその人をよく見せてくれるんだなと。

基本猫背で、足まで組んでしまう私だからこそ、そんな素敵な姿勢に憧れているんだと思う。

自分が気にしている所って、きっと人ごみの中でも、無意識に探しているんだと思う。

私はよく、よく見てるねって言われることが多い。

今の人の服が可愛かっただの、鞄が素敵だっただの、そういうことをよく言うから。

それを言う人にしてみたら、別に装いにそんなに興味がないから目に入ってこないだけで、私は結構、装いが好きだし気にしているからこそ、無意識に目で追いかけてるんだと思う。

同じものを目にしていても、目に入った時に、それを認知しているかどうかだ。

ま、そんな装いに興味のない人ばかりの中に置いては、どんなにお洒落をしても無駄ってことで。

逆に、自分の装いを気にしている人の中に置いては、お洒落な人はかなり目立つのだ。

そうして気にさせることで、購買意欲を煽り、お洒落な人間を崇めようとする世の中かな。

 

姿勢の在り方を気にしている私には、姿勢が美しい人を無意識に探しているのかもしれない。

あと、顔の造詣が可愛い人とか、腰が細い人とか。全部自分に無いものを、外に求めている。悲しい。

それにしてもカッコよかった。

こんな田舎においては、ちょっと珍しいかもしれない。いや、めいいっぱいお洒落しようと頑張ってる男子大学生は見かけるけど。でも、そういうのとは違うんだよなぁ。

しかも一人での食事が、またなんともクールだった。去り行く姿から、背も高かった。

なんというか、様になっていた。

 

そんな彼を見て、こちらもそっと背筋を正したのは言うまでもない。

そしてそれは、長くは続かなかった。

 

出会いが人を育て、別れが人を。

今現在、多大なるストレスを私に与え続けている現職場ではあるが、私にとって、いい影響も十分に与えてくれたことも忘れてはならない。

出会いが人を育て、別れが人を深めるのだと、そんな言葉をお寺だかどこかで目にした。

ちょうど、この連休中の散歩は、仕事をいつまで続けるか、もう限界だから辞めようか、思案しながらの散歩だったのだ。

その道中で目にしたこの格言。

確かに、今の職場に勤めたことで、多くの可能性を見出し、それによって色んなものが広がった。

苦手なPCに対して、苦手意識が減ったのは大きかった。

自分で発信することに、慣れさせてくれた。

何より、引きこもっていた自分にとって、社会勉強のリハビリをさせてくれたね。

勉強する時間も与えられた。

 

まさに勉強の3年間だったと言ってもいい。学びの期間。

人生の内、学生時代を除いて、こんなにも勉強を前向きにやったこともなかった。

簡単な資格も取ってみた。それだって、積み重ねなのだ。

きっと、今の職場での経験がなければ、今こうして言葉を発信している私はいなかった。

それくらい、影響を与えてくれた居場所だったのだ。

だから当然、終わり、別れはやってくる。勉強の時間、猶予の時間もいつかは終わる。

その時が今でも決しておかしくない。

 

出会いが、人を育てる。

――― 確かに育てられた。

別れが、人を深める。

――― 確かに、前職を辞めてから、私は自分のあり方について考え始めた。

 

今の仕事を辞めたら、次は何を考え始めるのだろうか。

そして、次なる出会いは、何をもたらすのだろう。

 

でもね。

辞めたらまたスタート地点に戻るだけ、そんな風に前向きにとらえるのは結構だけれど、実はそれで1回失敗している身からすると、そんなのただの負け惜しみだとも思う。

本当は悔しいし、情けないし、消耗しきって傷ついているのに、前向きな言葉で覆い隠そうとしたから。

そんなポジティブ思考で表面をコーティングしないでほしい。

 

前向きに辞めるなら、せめて心くらいは軽くしてから辞めて。

憎々しい、暗い思いだけは持ち帰らないでね。めちゃくちゃ、後を引くから!

 

時には、自分に激励を。

最近、というか昨日は気分が重くて、なかなかソワソワ落ち着かなかった。

ああ人生、もう生きていくのが嫌になってくる。ちゃんとしたレールの上をトロッコで走れてない人生。

そもそも走っているのは地面なのか水中なのか、空中なのか、それすら分からない不安定な走行。

5月病でしょうか、いえ、4月からです。

いつもは、基本的に気持ちを吐き出すために書いているこの文章。悪口愚痴は書かないつもりだけど、にじみ出てくるものはあるよね。それも含めて自分だと捉えているのだけれど。

今日は、少し上からの目線で、自分に激励を。

 

いつもいつも、手に入れられなかったもの、失った過去を惜しむように、振り返り立ち返り。未練がましいことでしょう。

そんな人生ではあるけれど、いえ、そんな人生であっても、得られたものがあることに目を向けてほしい。

当然失ったもの、手に入れられなかったものもあるでしょう。後悔もあるでしょう。いつだって、ちゃんとした正しい道は歩けていないのは、分かり切ったことです。

しかし、できなかったことができた自分、これまでとは違う行動、挑戦ができている自分もいるのです。

1年前まではできなかったこと、進まなかったこと、やりたいけど実現できなかったこと。思い返してみてください。

1年前の自分と、同じだけど明らかに違う自分がいることに、気付いているはずです。


1年前は、ブログ等の形で自分の思いを発信することが目標でした。

1年前は、趣味についてHPを公開するなんて、夢のまたユメ、それはいつかやりたい目標でした。

1年前は、一人で外食にも行かなかった。行くことが、勿体なかった。自分のためだけに、お金を使って美味しいものを食べるなど・・・

1年前は、帰りにドーナツだのアイスだのを食べて帰りもしなかった。自分のためだけに、・・・省略。

1年前は、・・・

 

パッと思いつくだけでも、これくらい。

もっと書ききれないくらい、たくさんのことが出来ている今があります。それが今の自分です。

1年前、夢であり目標であったことが、全部とまではいかなくても、いくつかは実現させているのですよ。たった1年の間に!!

できたことは、そこに必ず何かを乗り越えた自分がいます。心の抵抗、恐怖、臆病、そういったありとあらゆる抵抗を超えた先に得られた結果です。

できるようになった自分、事に対して、見ないフリをしないでほしい。

頑張った事実を、なかったことにしないでほしい。

そんな事実がちゃんとある自分に対して、「でもどうせ自分は・・・」と否定せずに、
そこにもっと素直に目を向けてあげてください。


もちろん、1年前にできたことが今できない、そういうものもあります。得られたものがあれば、失ったものも当然ありましょう。得られたからこそ、いい意味で捨てられたものもあったはず。

後悔、未練、嫌な過去、挙げだしたらキリがない。

しかし、いつまでもそうした部分にばかり気を取られ、目線をそちらにばかり向けてしまっては、頑張った今のあなたが気の毒です。それは、今の自分を自分で勝手に否定していることになります。

頑張った自分は、いつだって褒めてほしいと期待しているのに、肝心の自分が、失ったものにばかり目をかけているなんて、ネグレクトもいいところ。

変わりたければ、まず、そんな自分への目のかけ方を変えてください。

 

ワンピースのジンベエ親分もおっしゃっています。

失ったものばかり数えるなと。

今あるものに、まずはちゃんと目を向けなさい。

 

1年前の方がよかったこともあるけれど、1年で変化した自分を、もっと受け入れて。

変わりたかったのでしょ?

それならば、小さいけど変わった自分の一部分を、もっと大事にしてあげなさい。

大きな変化にばかり気を取られ、確かな小さな変化を見ずに、変わらない変わらないと嘆くばかりでは、自分だって自分を好きにはなれません。

 

透明人間との遭遇

困ったことに、普段の生活からものすごく気を張っているため(自覚がない場合もある)休日くらい、気を張らないで全身を気兼ねなく伸ばしていたい。

よって、誰ともどこへも行きたくない、となるのが結果で。

だからこそ、誰かから誘われたとして、自分の時間を奪われる、そう身構えてしまうのである。

誰にも邪魔されない、気を張らない、気にしなくていい時間、つまりは家にて一人過ごすことは、私にとって何より大事なことなのだ。

 

 

でも1日中、ずっと部屋にいるだけでは心身ともに不健康。どんよりした感じが抜けない。

できれば、インドアライフを快適に波動よく過ごしたい。

だからこそ、1時間程度の散歩が、休日の日課である。

1日中家にずっといるより、少し出かけて帰ってきた後に家で過ごす方が、なぜか気分がいいことは、なんとなく昔から分かっていたけど、意識的に実践できているのはここ数年。

 

もちろん連休だからといって、私のこのリズムが崩れることはない。

この連休中は、頑張って毎日1時間程度のウォーキングに出かけた。

ま、田舎なので歩いている人なんて、ほぼ皆無なんだけど。追い越していくのは自動車ばかり。

 

そしてその道中、透明人間に遭遇した。

黒のハットに黒のサングラス。黒の布マスクの下には白のマスク。長袖。

その容貌は、まさに透明人間。

 

一歩間違えれば不審者だ。お連れの方がいたからよかったものの、とても住宅街にいていい存在とは言えなかった。