皮膚科は盛況のようです

皮膚科に行ってきました。

その日は金曜日。昨日だわ、つまり。

お昼前に予約していったのだけれど、すでに待合室に人が。

そこはこじんまりとした皮膚科で、3階構成になっている建物。

診察室が、それぞれ2つずつあって、実は内科と併用してたりするのだ。

 

待合室は、椅子が3つほど。

だから、受付のある1階の待合室の定員がオーバーしたら、2回の待合室で待機し、

人が減ってきたら1階に呼び戻されるというシステム。

平日のこんな時期だというのに、皮膚科は大変盛況なようです。

とにかく、人が入っては出ていき、出ていっては入ってくる。いや、出ていかなくとも入ってくる。

しかも、診察は短時間で済むから、とにかく回転率が速い。

立ち替わり入れ替わり、この速さは、うどん屋のよう。

 

夕方は子連れの親子が多かった前回と比べて、昼休み前の時間なので、子どもはおらず。

代わりに制服姿のOLやら主婦、高齢者が多い。

一体、何の診察に来ているのだろう?

マスクしてるから、ちょっと分からない。

 

私はニキビのお薬をもらいに行ったのだけれど、おそらく多くの患者が皮膚疾患の
診察だと思われる。

肌荒れ、痒み、乾燥、いろいろあるからね。

不況になっても、皮膚科は儲かると思う。

ストレスが積もれば積もるほど、多くの人は身体、皮膚に分かりやすく出るから。

身体はともかく、顔の発疹なんて目立つからね。

今はマスク荒れなんてのもあるから、とにかく皮膚科は盛況でしょう。

子どものアトピーとか、そういうのも増えてるって噂だからね。

歯医者もいいけど、歯医者は数が多すぎる。

その点、皮膚科はそんなに乱立はしていない。

皮膚の専門医を目指してみるのも、いいのではないでしょうか。

 

ちなみに、ニキビの具合は良好。

また同じ抗生物質入りの塗り薬を出してもらって、それが終わったら、抗生物質なしの
塗り薬を処方してもらえる予定。

だいたいトータルで3ヵ月ほどその塗り薬を塗って、あとは弱めの塗り薬を塗っていけば、いい感じになるそう。

強い薬は副作用も強いのだそうだけど、私にはなんともなかった。

肌は強い方ではないけど、決して弱くはなかったらしい。


診察中、先生は「真面目ですね」と唐突に言い放った。

「先生は心が読めるのか?」と疑ってしまったため、「え、なぜ。」と問うと、「この薬は毎日きちんと塗ってないと効果が出ないのですよ」と。

ええ、そりゃもう、毎日塗ってましたがな。

だって、早く綺麗になってほしかったんだもの。塗るでしょ普通。

だけど、それができない怠け者もおるみたいです。

 

この薬を塗っただけで、心の乱れによって、あんなにも噴き出ていたニキビが、こんなに大人しくなるなんて。しかもホルモンによる肌荒れもセーブよ。

こんな簡単にどうにかなるのなら、さっさとお医者に行けばよかったと、毎回思うのは、いつものことです。