金持ちほど食に気を遣うって話

海外のセレブは、実は豪華な食事はしていない。

そんなことを数か月前に誰かから聞いた。

彼らは身体によいものを真剣に作って食べていると。
ヴィーガンが実は多いとも。

そんな話を聞いた時、まあ正直どうでもよかった。

海外のセレブなんて最も視界から遠いもの。
いくらニコラス・ケイジが日本人の方と結婚してたとしても、全く自分には関係がない。

そもそも芸能界には、それほど興味はない。
ファッションにしろ食事にしろ。
他人の収入だって、どうだっていい。

ただまあ、私の普段の食事が非常にジャンキーなものになっていることは、ちょっと気にはしているけれど。

 

夏に「ジュラシック・ワールド」の映画を見て、実はこの作品が最終章だというのを見終わった後に知り、つい最近「ジュラシック・パーク」と続編のDVDを借りて鑑賞した。
(映画も私の人生において最も遠い趣向品だと思っていたから、まるで知らなかったのだ)

なるほど、今回の映画は、初期の映画に出ていた方々が出演されていたのね。
(だから主人公パーティがやけにゾロゾロと人数が多かったのね。あんな大人数だと恰好の的だと思ったけれど、ちゃんと理由があったみたい)

それを知った上で、改めて映画を見てきた。
(そして私は結果的に、この映画を3回見た)

確かに過去作品に出演されていた方々が出ている。

しかも年を重ねても、カッコいい。
むしろ、これくらいの方が私的には好みである。

ちょいちょいオマージュ的なものもあって、2度目はやけに楽しめた。
なにより安心して見れるし。怖いビビらせシーンがなかったのが幸い。

で、俳優の方々を調べていたら、マルコム博士を演じたジェフ・ゴールドブラム氏のインスタを見て、そのお子さんの、なんと可愛らしいこと!!
(もちろん、ご本人も素敵だ)

ついでに奥様エミリーのインスタも見ると、その2人のお子さんの写真や動いている姿がたくさんあって、一夜にしてゴールドブラム一家のファンになりました。

2人とも男の子なんですけどね、めちゃくちゃ可愛くて天使なのです。

エミリーは新体操の選手だったみたいで、今でもスタイルをキープしているらしく、そのストレッチ動画もなかなかなもんです。

で、たまに食事を用意している動画とかもあるんだけど、それがものっそヘルシーなんですよねぇ。

もちろん一部の紹介でしかないんだけど、食事の時も、一人一皿のサラダボウルがあったりと、本当に肉を食べている写真がない。ハムとかサーモンはあったけど。

間食もお手製で、なかなか美味しそう。

しかもキッチンの広いこと。
これは料理をやりたくなる環境!

そりゃお金持ちですから、間食を作るくらいの余裕はあるのでしょうが。

お金の余裕は、食の選択の余地といいますか。
お金持ちほど食に気を遣うと、その時は正直聞き流していたけど、なるほど納得でした。

なんなんでしょうね?

結局、身体が全てだってことを知ってるんでしょうかね?
自身そのものを商売にしてるだけはある。

逆に我々庶民は、時間を売ることでお金をもらっているから、時間をかけない食事をしているのは、まあ分からんでもない。
(私がジャンキーな食生活を真剣に変えるには、お金の稼ぎ方を変えるしかないと言い訳してみる)

いつぞやのランチ

外食した食ったもの。ジャンキーな香りが否めない

それにしても、この2人の男の子が、今後どんな大人になるのかが個人的にすごく楽しみで。

今は天使だけど、両親に似て身長も高くなるだろうなぁ。

お兄ちゃんはお母さん似、弟は、お父さんに今のところ似てるかな。
ガチでかわいい。

俳優になるのか、音楽家か。。
ちなみに、チャーリー君とリバー君と言います。

ジェフがもう高齢なので、この子たちの将来を見届けられないことが、本当に残念です。
長生きしてくれー