夢は実現させるもの

そんな友人(取り残される者同士の共通点)のお母さんから、実はプレゼントをもらった。手作りの。

遊びに来てくれる際、そのことをお母さんに告げた友達は、私にあげてくれと、持たせてくれたらしい。

面識はなく、名前すら知らないのに、一体どうして。

聞けば、いつもお母さんに私の話をしているのだという。

一体、どんな話をしているのだろう。

私は別に、著名人でもなんでもないというのに。

私の愛読書のさくらももこ作「ももこの宝石物語」の中で、「いつもさくらさんの話を家族としている」という宝石商家族からの言葉に、一体どんな話をしているだ・・・?というさくらももこの疑惑と同じ気持ちを抱いた。

 

この友人以外の友人も、私のことをご両親に話しているらしく、友達のお母さんからは、なぜか一定評判があるらしい私。

そんな私は、昔から友達の話を親に一切しない。

なんで、みんなそんな簡単に、親と話ができるの・・・?

他人と話す以上に、物凄いハードルが高いんですけど。

みんなの普通が、私にとって普通ではない。

 

さて、前回記事(取り残される者同士の共通点)から急展開にはなるけれど、友人(前記事でデザインの仕事やってみたかったという、例の友人)と、この度、一緒に趣味でモノを作ることになりました。

元々工作とか手芸が好きで、ちょいちょい趣味で作ってたのだけれど、その記事を書いた日曜の夕方、たまたま手芸店に行った帰り道「デザインしてもらって私が作ればいいんじゃない?」と、ふと思い立ったため誘ってみたら、いいお返事がもらえた。

まあ、趣味でしかないし、どんな方向のデザインをやりたいのかは分からないけど(一応インテリア系とは言ってた)、こういう小さなきっかけで、いつかその友人の副業なんかになれば嬉しい。

 

結局、我々みたいな最初の一歩が怖い人間は、何かしら滑り出したら動きやすいタイプなので。

何かを始めるのに、勉強なんて不要だ!

午前中、始めるにはまず学校で勉強してからじゃないと、と思っていた私が、夜には「まずはやってみない?」と誘っているのだから、人生って分からない。

まずはやってみて、必要なら本格的に勉強していけばいい。やってみて向いてないと、諦めるのもまたひとつ。そんな結論を出している自分に驚きだ。

友人も、あまりの急展開に驚いていることだろう。

土曜日に会った時、初めて昔からの夢を口にしてれた友人。その翌日に、マジで小さな一歩だけど実現し始めているくらいだから、本当に実現化が早いよ、風の時代。

夢は秘めるのでなく、自分の外に出して、初めて実現に近づくものだと、妙に実感。

だって、言ってくれなかったら誘うことなんて永遠になかったもの。

だから、私の夢を一つ暴露します。

「将来、婚活関係(もとい、人と何かをつなげる仕事)の仕事を立ち上げたい!そのためのパートナーが来てくれますように!」

頼むぜ神様!

 

そしてふと、過去の記事(節目の誕生日を思い出す)で「人を巻き込みたい」と書いたことを思い出した。

あ、巻き込んでる。ちゃんと実現してるじゃないか私よ。

昔、その友人含めた3人で旅行に行ったことがあって、その時は私が先に寝たものだと思った二人が「(私に)振り回されてるよな、うちら」的な話をしてたけど、ええ、まさに。

昼に思っていた信念が、夜には変わっているのだから、そりゃ周りからすれば振り回されるわ。

私は周りを無自覚に振り回す人らしいです。