事務職は向かない

さてさて、何から始めたらよいものか。

これまでの続く電話の話にて、その時Aさんという方と話したのは、今後の仕事、生き方を含めた悩みについて。

まず、結論から言おう。

事務職、向いてないってさ!

そして、雇われるのが向いていないんだと!

今、事務を主にやっていて・・・と話すと、「それは絶対に向いていない!!それだけはやめた方がいい!」という衝撃の一言。

 

これは、生年月日から分かる四柱推命から導き出されたものだと思うけど。

その過程というか、どんな結果からどういう答えが導き出されたのかは分からないが、
結論から言うと、そういう答えになると伝えられた。

まあ、頑固で、完璧主義者で、我慢を繰り返しているとクソ真面目なつまらない人間になるのだそうで。

だから、今のような事務職を続けていると、つまらない度は加速してゆき、そんな自分にますます不満を募らせ、ついでに周りの人を不機嫌にさせてゆき輪を乱すという、事務職にあってはならない個性を持っているそうだ。

確かにな、強制や同調を強いられることが何より嫌いで屈辱的で。

その結果チームワークを乱すのならば、もう害悪としか言いようがない。しかもそれ、自覚があっただけに、なんとも。

・・・もう、やめようかな。


自分では、事務職って誰より向いてると思ってたんだけどなぁ。

細かい作業、単純作業、人からの指示、細やかな気配り。そんな類のことは平気だと思ってたし。

でもよくよく考えたら、事務職っていっても、案外広かったりするのだ。

PC操作は当然のこと、問い合わせに対して、迅速に正確に対応しないといけないし、そういう意味では、柔軟に臨機応変な仕事が求められる。丁寧な言葉、頭の回転、手先の器用さも最低限は必要だ。ある意味、オールマイティーを求められるのかしら。

一人で1つの仕事を最後までやり通すのでなく、共同作業があったり、相手からの回答を待ってからでないと動けないことも多々ある。スケジュール管理の徹底、しかし、予定が狂うこともしばしばなので完璧主義者には辛い。

個人プレーができるような仕事ではないのだ。

今日も、どこまでがどこの部署の仕事なのかはっきりしないところがあって、ちょっと揉めたのだ。もうちょっとで、「それはあなたの仕事ではないんですか?じゃあ、何があなたの仕事なんですか!」と言いたくなったわ。

 

ちなみに、この秋で退職される同僚も、事務には向いていないと個人的には思っている。その人は、親切すぎて。ものすごく必要以上に丁寧に説明するし、時間をかけてやり遂げようとするから。

(・・・私は、説明が下手だから、それはそれで時間がかかる悩みが。)

もっと別の職種の方が絶対に持ち味を生かせると。

本人もそれは分かってるらしく、それでもまだキャリアウーマンに憧れているのだそうだ。転職に次ぐ転職経験者だけど。

 

10年前の学生時代、女子ならみんな事務職を希望するだろうって、そう思ったからあえて事務職の求人には応募しなかった。

代わりに営業だとか、そういうのを応募してみても、そんなことができるような積極性も持ち合わせてないし、コミュニケーションをとることは大の苦手。目標や成績、ノルマに縛られるなんて、まっぴらだ。

今にして思えば、どっちも向いてなかったのか。

だけど、当時の職業観なんて、会社に勤めて事務か営業しか思いつかなくて。

というか、それ以外の仕事が頭になかった。

仕事なんて、商売や製造、接客、果ては占い師など、いくらでもあるのに、会社に就職って考えた時、そんな職業なんて自分の中から消えていた。

なんというか、視野が狭かった。

事務の仕事の一部は大変に得意であるが、一部はとても苦手でやりたくない。

そんな我儘、許されるわけがないから、やっぱり事務職から足を洗った方がいいのかもって本気で思うこの頃。大企業ならともかく、中小だと事務の範囲が広すぎる。もはや何でも屋だ。

 

今の仕事を、今年度で辞めるつもりでいるから、そろそろ今後のことを考えて動いていかないと、と思っても、なかなか前向きになれず、つい後回しにしてしまうのは、やっぱり私に情熱が足りてなくて。

その足りない原因は、実はやりたくないことをやろうとしているから、やる気を出そうにも出ない、というのが正しいのかもしれない。

別にやる気なんてなくても、義務感で動ける人ならそれでもいいと思うけど。

いろいろ悩む年頃なのですな。

悩んで、じゃあ何でもいいから好きなこと、やりたいことをやってみよう!と気軽になれないのも、厄介な性格なのである。

 

さて、これとどう向き合っていけばいいのか。