安心できる場所だからこそ

結局、昨日は1時間という短い時間、内に秘めた思いを外に出すことに必死で、なんかものすごくエネルギーを持っていかれ、号泣で体力も消耗、終わった頃には体に力が入らず、そのまま仕事に戻らずに帰宅した。

 

そして、天気の赴くまま自転車を漕いで、自然の残っている所まで走った。

道中、泣いた。

こんな状況の自分を抱えて、じゃあ、これからどこへどう生きていっていいか分からない。

仕事が苦手。押し殺すようなやり方で自分を律して、ビジネスするのが無理。

かといって、母にもなれない。

何にも向かない。それをするための、最低限の自分の自信すら、失われている。究極、もう生きていたくない。それくらいまでには、消耗しきっていた。

 

何にも向いていない。

自分の才能、特徴を発揮できる環境、居場所ってどこだろう。

 

そんな居場所を探さないとダメなんだろうけど、それすら厳しい。それを乗り越えられるような、そんな丈夫な心身を持ち合わせていない。どうしよう。


なんで、こんなことになったのだ。

1年前、勉強を楽しくやってたじゃないか。

自分ができることを伸ばそうって。本も買って。英語とか、語学をやってみようと毎日小さな積み重ねをしていた数か月前が、まるで他人の物語だ。

どうしてこうなったんだ。

自信もやる気も、何もかも失われて、一体私に何が起こったというのだろう。

1年の間に、何が。

 

(帰宅後、動画でピアノ演奏を聞きながら、占星術についてのブログを読みつつ)


でもね、ある意味、こうも考えられる。

今までの自分なら絶対にできなかったことをやろうとした自分。

で、実際にやってみている自分。

前との違い。そして、できない自分、やりたくない自分をあえて表現しようとしているってことは、それだけ、居場所を作りたいと思っているのかもしれない。

素直な自分、自分はこう感じている、こう思っている、そうした本当の自分を出しても大丈夫だと。自分自身にも周りにも。

自分の中で信頼しているし、それだけ安心できる場所だと思っているからこそ、出せている今があるのではないか。

本当に嫌なら、そんな葛藤もせずに、簡単に切り捨てられるよ。どうでもいい相手に、わざわざ弱さなんて出さない。敵の中において、そんな無防備なことはしない。

それが、ごろんとお腹を見せる犬のように、大丈夫だと安心しているからこそ、こうして弱音吐けたり、そういう片鱗を一部見せられたりする。

かに座、どうでもいい相手には優しく親切に他人行儀に対応できるけど、親しい、信頼した相手なら、時に厳しい愛でもって接するし、甘えて毒を吐いたり。

この人なら大丈夫って思えるから、自分のそうした秘めていた部分まで、見せられる。

それまでは、いってみれば「いい子」の仮面かぶって、いい子ぶってるわけね。

ここまでなら大丈夫、でもここからは無理って、割と線引きできていると思うから。

だからこそ、今回のことも、そういうことが自分の中で起こっているのではないかなと。そう考えられない?

 

生身、人間で言う本音とか、そういう部分が傷つきやすくて、だから殻で守ってるのだけど、大丈夫だと思った段階で、その殻を頑張って脱ごうとしていて。

でも、そんな素直になった分、そのせいで自ら、今度はそれを失っていきそうで、なんかもう、どうにもうまくいかないことに。苦しむ。

愛おしいよね、なんか。

それに気付いてしまったから、再度号泣。自分の不器用さに。それでも、そうあろうとした自分の健気さに、愛しささえ感じる。

ちょうど、それを考えてた時に聴いていたピアノ曲が、ニューシネマ・パラダイスの「愛のテーマ」。

好きな曲。まさに愛。


以前にも書いた、いい子をやめた途端、みんな離れていく。だから、それが怖くていい子の仮面を外せない、そんなことをおっしゃる方。

私は、今回自分の殻を脱いで自分を見せてみたけれど、そのせいで、得たものすら失っていくなら、殻を脱ぐことを今後も恐れるかもしれない。

怖いよね。大好きだから、安心して本音みせて、その分、キツイことや思いを言うことによって当然、従順なこれまでの私ではなくなるけど。

それは他の誰かにとって、嫌なことかもしれない。だから、殻脱いだ途端に、そういう人は離れていく。

でも、安心できないと殻を脱げない。自分を見せられない。

最初から見せればいいなんて、難しいよ。そういう生き物だもの。これは、なかなかにジレンマ。

 

こういうこと、正直仕事上でやられたら、たまったもんじゃないんだけどね。

恋愛とか、そういうプライベートな部分で経験してほしいとこだ。残念ながら、そういう経験がないものだから。

悩ましい恋愛って、人を成長させるよね。今の状況も、恋愛として経験していたら、また違った解決方法が見つかったかしら。

 

結局、人が乗り越えていく課題みたいなものは、同じようなもので。

それを人生のどこで、どんな経験を通して学ぶか、それらが違うだけのような気もする。