隣の男子が目に入った理由

今日、お昼にご飯を食べに行って。

そこで、通路を挟んだ隣のテーブルにて、若い男性が座っていた。

年のころは、20歳くらい。茶色のゆったりした長めのトレーナーに、黒のパンツをはいた彼。

大学生だろうか。

そんな彼が目についたのは、食事している姿勢が、とても綺麗だったから。

まっすぐに伸びた背筋、他の人らが猫背気味に食べている中、まっすぐにスッと座っている姿は、私の目にとても美しく映った。

しかも、よくよく見たら首も長い。

横顔だけしか見えなかったけれど、まあまあハンサムな顔をしてそう。日本人というより、韓国人アイドルっぽい、そんなスッとした感じ。

 

いやあ、カッコよかった。

姿勢がいい人間って、すごく目に付きやすいって言われるもののどこか半信半疑だったけど、本当にそうだった。

いくら顔がよくても、首が長くても、それだけでは目に留まらなかったから。

まず意識の中に入ってきたのが、「まっすぐな背筋!」だったのだから、やはり姿勢はその人をよく見せてくれるんだなと。

基本猫背で、足まで組んでしまう私だからこそ、そんな素敵な姿勢に憧れているんだと思う。

自分が気にしている所って、きっと人ごみの中でも、無意識に探しているんだと思う。

私はよく、よく見てるねって言われることが多い。

今の人の服が可愛かっただの、鞄が素敵だっただの、そういうことをよく言うから。

それを言う人にしてみたら、別に装いにそんなに興味がないから目に入ってこないだけで、私は結構、装いが好きだし気にしているからこそ、無意識に目で追いかけてるんだと思う。

同じものを目にしていても、目に入った時に、それを認知しているかどうかだ。

ま、そんな装いに興味のない人ばかりの中に置いては、どんなにお洒落をしても無駄ってことで。

逆に、自分の装いを気にしている人の中に置いては、お洒落な人はかなり目立つのだ。

そうして気にさせることで、購買意欲を煽り、お洒落な人間を崇めようとする世の中かな。

 

姿勢の在り方を気にしている私には、姿勢が美しい人を無意識に探しているのかもしれない。

あと、顔の造詣が可愛い人とか、腰が細い人とか。全部自分に無いものを、外に求めている。悲しい。

それにしてもカッコよかった。

こんな田舎においては、ちょっと珍しいかもしれない。いや、めいいっぱいお洒落しようと頑張ってる男子大学生は見かけるけど。でも、そういうのとは違うんだよなぁ。

しかも一人での食事が、またなんともクールだった。去り行く姿から、背も高かった。

なんというか、様になっていた。

 

そんな彼を見て、こちらもそっと背筋を正したのは言うまでもない。

そしてそれは、長くは続かなかった。