出会いが人を育て、別れが人を。

今現在、多大なるストレスを私に与え続けている現職場ではあるが、私にとって、いい影響も十分に与えてくれたことも忘れてはならない。

出会いが人を育て、別れが人を深めるのだと、そんな言葉をお寺だかどこかで目にした。

ちょうど、この連休中の散歩は、仕事をいつまで続けるか、もう限界だから辞めようか、思案しながらの散歩だったのだ。

その道中で目にしたこの格言。

確かに、今の職場に勤めたことで、多くの可能性を見出し、それによって色んなものが広がった。

苦手なPCに対して、苦手意識が減ったのは大きかった。

自分で発信することに、慣れさせてくれた。

何より、引きこもっていた自分にとって、社会勉強のリハビリをさせてくれたね。

勉強する時間も与えられた。

 

まさに勉強の3年間だったと言ってもいい。学びの期間。

人生の内、学生時代を除いて、こんなにも勉強を前向きにやったこともなかった。

簡単な資格も取ってみた。それだって、積み重ねなのだ。

きっと、今の職場での経験がなければ、今こうして言葉を発信している私はいなかった。

それくらい、影響を与えてくれた居場所だったのだ。

だから当然、終わり、別れはやってくる。勉強の時間、猶予の時間もいつかは終わる。

その時が今でも決しておかしくない。

 

出会いが、人を育てる。

――― 確かに育てられた。

別れが、人を深める。

――― 確かに、前職を辞めてから、私は自分のあり方について考え始めた。

 

今の仕事を辞めたら、次は何を考え始めるのだろうか。

そして、次なる出会いは、何をもたらすのだろう。

 

でもね。

辞めたらまたスタート地点に戻るだけ、そんな風に前向きにとらえるのは結構だけれど、実はそれで1回失敗している身からすると、そんなのただの負け惜しみだとも思う。

本当は悔しいし、情けないし、消耗しきって傷ついているのに、前向きな言葉で覆い隠そうとしたから。

そんなポジティブ思考で表面をコーティングしないでほしい。

 

前向きに辞めるなら、せめて心くらいは軽くしてから辞めて。

憎々しい、暗い思いだけは持ち帰らないでね。めちゃくちゃ、後を引くから!