嬉しさが伝わる一コマ

同じものに対して愛情を注ぐタイプの私。

それは言ってみれば、新しいものに、なかなか手を出せない保守的とも取れるが。

だからこそ、漫画であっても、新しいものに手を出すことはほとんどない。

たまに読むものも、すでに家にあって何度も繰り返し読んだ漫画のみ。

特に弟の所有物だった少年漫画は今でも愛着がある。だからたまに、懐かしさに浸っては読み返す。

 

そこで思うのは、昔読んだ漫画が、やけに心に響くこと。

もちろん、内容やシーンまでは覚えていても、その当時の興奮した記憶とか、そういった心の動きまで完璧に覚えていない、というのもある。

今読んでも泣けるシーンは、昔読んでも泣いてたかもしれない。

逆に、昔読んで泣いたシーンは、今読んだら泣かないかもしれない。

変わらない作品に対して、移り変わっていく自分。

当時の自分よりも経験をしてきた分、ちょっとしたシーンやセリフで、揺さぶられるものがある。

 

一番大きな変化は、悲しいシーンで泣けるようになったというよりは、嬉しいシーンで泣けるようになったこと。

キャラクターの嬉しさが伝わってくるようで、こちらまで震える。

昔に比べて、感覚が研ぎ澄まされている気がする。

経験が増え、あらゆるものが広がったおかげで、随分感情的になってしまった。

あるいは、単にため込みすぎて消化できない分、ちょっとした刺激にすらも敏感になっただけかもしれない。コントロールが、馬鹿になってるだけかもしれない。

しかしまあ、思い返してみても昔は鈍感というか、あまり気に留めていなかった事柄が多かったような気もする。それでもやっていけた、というのが正しいかも。

 

今は、いろんなことに対して、歯止めが効かなくなっている。

プラスの感情も、マイナスの感情に対しても。

 

だからこそ、昔読んだ本や漫画を、今になって見返してみると、また新たな視点で物事が見られる。


久々に読んだ「遊戯王」で、城之内君がキースに勝った瞬間のシーンはセリフがないんだけど、たった一コマ、その喜ぶ姿だけで嬉しさがこっちまで伝わって泣けてくるなぁ。。

 

はじめて自分の声を聴いたのは、高校生の頃だ。

学校で朗読の練習があって、そのときにレコーダーか何かで撮った音声を聞いたのが初だったはず。

その時の印象は確かこう。「なんか小さく縮まってるような、甘ったるい感じ」

 

自分では、もっとのびやかに気持ちちょっとハスキーめにしゃべってるつもりなのに、実際聞いたら、ものすごく甘ったるい。

アニメやアイドルのような、かわいい感じではない。

かわいい感じの音声が、内側に向かって閉じている、そんな籠ったような声をしているため、聞き取りにくい。おまけに昔からボリュームも小さい。そして、発している本人も、苦しいと思っている。

喉でしゃべっている声、というやつだ。

これがアイドルや声優なんかだと、甘くても外に向かって出ていくような可愛らしい声で、この方向の違いは大きい。

まあ、一言で言うと、積極的に聞きたい声ではない。自分の声って、大抵そういうものだと思う。

きっと、自分の中で聞いている声に、夢見てるんだと思う。その声のイメージでキャラまで作ったりして。

でも、こうして客観的になると、ユメから醒めるというか。現実を直視して、恥ずかしくなるね。

 

そんな感じで、あまりしゃべり声に自信がない私。

1年ほど前に歌を録音したことがあった。その際も、自分としてはのびやかに歌っているつもりなのに、いざ蓋を開けたてみたら、キンキンとしてて聞いているだけで苦しい。恥ずかしい、下手だな、いやそれ以前に、苦しい。

喉が苦しくなってくる。

そう、声帯って、実はしゃべってなくても動いてるんですってよ。

内側に籠る声質(しゃべりの癖)なので、のびやかに歌ったつもりでも、全く伸びておらず、無理やり声を張り上げているだけ、聞き苦しい声にしかならない。

こんな声を聞かせているのかと、少々落ち込む、現実から逃避したくなる。

 

しかしだ、そこから私は頑張って、ちょいちょい録音をやってみたのだ。

まあ、歌が上達したかったというのもあるんだけど。このご時世、誰かに聞かせる予定なんてないけど、それまでは、県外に住む友人らと1年に1回ほど遊びで歌いに行ってたのだ。

分かったことは、やはり歌との相性があって。

高さとか、歌手の歌い方、そもそもの声質とか。

自分の声質に合った歌をチョイスするだけで、結構印象が変わる。

そういう歌を歌って実際に聴いてみると、自分の中でも許容できる歌、声というものがあることが分かった。

これはもう、曲によりけり。どう違うかって言われると難しいが、聞いていて苦しくならない。下手だけど、嫌いじゃない音声。

むしろ、ちょっと落ち着くかも。歌手と違って、平坦な歌い方なところが特に。

で、そんな許容範囲の歌を歌って、何度か聞いてみたところ、自分の声に慣れた。ああ、自分だなって思う。

そうなってくると、最初に録音した歌を聞いても、最初ほどの嫌悪感はなく、まあ、こういう声を出すよね自分なら、と思うようになった。

張りつめて、無理やり出したような厳しい声だけど、それを冷静に聞くことができるまでになった。

慣れとは、素晴らしい。

 

私の好きな本に「声のサイエンス(著者/山崎広子)」という本があるのだけれど、そこでも、自分の声を録音して自分の声を知って意識することで、調子がよくなってくる、という提案があったのだけど。

なかなか普段の会話などの録音は難しいし、自分のしゃべり方の癖とか色々な欠点が見えてきて、とても耐えられなかったけれど、

確かに、歌に関して言えば、いいと思える声と、聞き捨てならない、むしろ捨ててしまいたい声ってのがあるなーとは思う。

著者は、心地いい声っていうのは自分本来の声で、嫌だと思う声は、作った声らしい。

地声よりも少し低い声が、自分で聞いても心地いい声の人が多いそうな。

 

声も含めて、こうやって自分というものを切り離して客観的に見てみることに慣れると、嫌だった部分が、そこまで嫌じゃなくなる。

というか、それに慣れてくる。

そんなもんだよね、と思えてくる。前向きな諦めかもしれない。

もちろん、全然人に聴かせられるレベルではないし、もっと技術的にこうだったらなーとか、そういう理想は思い描くし憧れるけど、もうこの声質は、これでもういいやって思えるのだから慣れは不思議。

いや、本当は、発声のボイストレーニングに興味あるんだけどね。

呼吸とか、話し方とか、そういうの。改善したい。声って、自分をアピールするための手段だからこそ、もっと自分の武器になってくれても、いいと思うの。

 

こうやって、地道に自分の部分部分を受け入れていく作業も、いいものですね。

そんなつもりは毛頭なかったけど、結果論で。

 

結局ね、自分という存在を、受け入れるしかないんだと思う。

変えることはできないよ。できない自分、嫌な自分をどうにかして変えるんじゃなくて。

それを嫌だと思う自分の感覚だけよ、変えられるのは。

できない自分をドーピングでできるように矯正するんじゃなくて、できない自分に慣れていく。もうええわって、そのうち思える日が来たら、自分変わったって思える。

そのための地道な作業。そう、自分を変える作業は、実はめっちゃ地味。

 

いい子の孤独な独りよがり

次回のカウンセリングは、5月に入ってからだから、まだ時間が空くね。

今、現時点で感じている私の本音と気付きを書き起こそう。

 

正直、「やりたくない」と告げた後、拍子抜けした。

私、そんなことを言ってもどうせ相手にされない、「だったら辞めれば?」なんて言われると思っていたから。

だから、気軽に言えずに、辞める覚悟も決めて決死の思いで口にした。

でも、実際に蓋を開けたら、そこまで深刻にならなくてもよかった。(深刻なのは、むしろ内面の方だったわ)

我儘だと捉えられてもおかしくない発言だったし、自分もそういう意図がなかったとは言い切れない。だから、ここまでの大事になってびっくりしているのは、紛れもなく本人だし、その奥底で大きなストレスとショッキングな思いが隠れていたことに一番驚いているのも、本人である私である。

 

まあ、今回は相手がステキな女性上司だったおかげもある。

しかしだ、何でも世の中、敵ばかりだと思い込んで、こっちが勝手に思い詰めて、変な覚悟を決めて、なんかバカみたいだ。

相談すれば、何かいい方向が見つかるかもしれないというのに、そういうものはない!とバッサリ切り捨て、「勝手に世の中無常、自分だけが孤独、誰も私の気持ちなんて分からないでしょう!」なんて思い込んでいた自分の視野の、まあなんと狭い事。

 

「いい子ちゃん」はいつも孤独、人を基本信用していないって、そんなことを言っている人がいて。

そのとおりでしたね。

周りの人の温かさを無いものとして、殺伐とした世界を自分勝手に作り上げていたよ。

そりゃ、人を信用なんてしないって。世の中に心開けないのも納得よ。

 

分かった。

「いい子ちゃん」って、本当に独りよがりなんだ。ある意味で。

周りのありがたさとか、周りの人間の聡明さとか、気遣いとか、そういうものを一切無視して、自分一人が抱え込んでいるように思えるんだ。自分の思い込みが全てだって、そう信じ切ってる。

「どうせ誰も、、、」とか思ってしまう。

うん、孤独だね。孤独に自ら、なっていってるね。

人を信用してないのも、よく分かったよ。。

 

だからこそ、前職でも思いを飲み込んだまま、ある日突然フェードアウト。

今回知り合いにメールしてた際、「このままフェードアウトしたら、同じことの繰り返しになりますよ」と言われたけど、その通りである。


今回のこともそう。

吐き出せずにいたら、突如最悪の行動をとってしまう傾向にある私。

 

今回は運よく、そして自分の頑張りによって回避できたけど、そういったことがなければ、きっと同じことを繰り返していた。

自分の行動パターンの変化のなさに、ため息が出る。

その行動パターンこそが、「吐き出せずに追い詰められた、いい子の突然の逃避行」なのである。

 

はじめての、カウンセリング

本日、生誕して初めて、カウンセリングなるものを受けてきた。

いや、セッション的なもの、面談チックなものはあったけど、資格をもったプロとのやりとりは今回が初だ。

1時間にも満たない時間ではあったけれど、面白い時間を過ごせた。

 

まあ、今回のカウンセリングは、上司が勧めたから行ったわけで。

1週間前、「やりたくないけど、どうしよう」的なことを相談した際、それがもっと上の人間にまで話がいってしまい、そこでちょっと面談して。

その時に、カウンセリングを勧められたわけだ。

そこで、どうしてやりたくないのか、やる気が出ないのか、うまく言葉にできなかったためだ。

もちろん、色々理由は個々にあるし、いろんな思いを抱いていて、それがストレスになっていったのは間違いのない事実。

しかし、それを言葉にするのが難しいし、何より、最初の告白の段階で、もっと気楽なつもりで話そうと思ったのに、思いのほか真剣なムードで、私も半分泣いてしまっていたから、向こうとしては、よほど深刻な事態だと思われた模様。

私もその心情がうまく説明できず、まあ、仕事内容だとか人間関係だとか、そういう理由だと思っていたら、なんか違うみたいだから、とりあえず受けてみたら?と勧められたのだ。

ありがたい話である。別に社員でも、なんでもないのにね。

 

そんな経由で受けてみたカウンセリング。

先生は40代ほどの女性の方で、とても可愛らしい、愛嬌のある感じだった。なんか全てがチャーミング。

本日1回目は、全体像、その話に登場する人物や仕事の内容を話すのに精一杯で、あまり核心には迫れなかったけど。

自分のことと、やりたくないこと、分けて考えてみることが大事だと言っていた。

自分がダメなんだと責めるでなく、何が変わったのか、何が起きたのか、事実と自分を一緒にしてはいけないよと。そんなニュアンスだったと思う。

簡単に言えば、私がやる気が出なくなったその前後、環境だとか出来事だとか、何か変わったことがあったかどうか。

自分ではなく、その自分を取り巻く状況について、話してほしいと言ってくれた。

 

で、まあ大まかにいうと、今のヘルプ先の職場環境の変化が、思いのほかストレスを生んでいるね、ということだった。

大事なのは、そういったことを周りの人に伝えることで、私の場合、特に内に秘めてしまいがちなので、そういったストレスの原因を、まずは簡単にでも打ち明けてみるのはどう?という方向に話が進んだ。

内に秘めた思い、気持ちを伝えるのが難しいし苦手。ストレスの原因も、はっきりしない。よく分からない。

 

だから大事なのは、今の段階でどのように伝えるのか。いろんな事情はあると思うけど、とりあえず書類に書く文章のような、形式的な形で報告する体、そんな感じで淡々と行ってみるのは?と。

カウンセリングを受けることを上司は知ってるから、その行ってきた報告という形で、
まずは「職場環境の変化がストレスだった」それだけ伝えてみることはできそう?と。

 

うん、それならできそう。

で、言ってみた。確かに、一気に胸の内や気持ちを話すのは感情がこみ上げてきて難しいけど、それだけの報告としてなら、仕事の報告の一環みたいで、あまり感情的にならずに話せた。

もちろん、これはあくまで、第一歩目だ。そのストレスとどう向き合うか、というのは、まだ先の話。

 

思えば、私は随分焦りすぎたのかもしれない。

普通のカウンセリングだって、まずはこういったことから始まる。

しかし、過去に個人的に受けてみたセッションや面談は、場所も遠いし、お金も機会も限られるから、つい多くのことを一度に話そうとして、パニックになったり、感情が高ぶって話せなくなったりした。

まあ、その当時は引きこもっていた最中だったから、できるだけ早くよくなりたい、なんとかしたい、時間がないと焦ってもいたし。

しかし、そんな思いとは裏腹に、なかなか思うように話せないし進んでいかない。

そのたびに、話すのが苦手だ、伝えられない、全然変わらない、自分には無理だ、そんな風に思い詰めてたけど、もっとゆっくりでよかった。

 

もっとゆっくり、心の内で話せるところから、外の部分から話せばよいのだ。

できるところから、少しづつ進んでいければよかったのだ。

そういったことが分かっただけでも、今回体験できてよかったと思う。

 

神社にて、神の試練

前回から続いてます。

そんなこんながあった週末、そして日曜日、実は最悪なことがありました。

自分の思いもしないほどのダメージ、ショックを受けたらしい、今回の騒動。

年が明けてから地味に続いたストレスは、いつしか大きく成長し、知らない間に大きなショックを私に与えるまでになっていた。

一応、そのモヤモヤとしたストレスは、その都度ちゃんと見ていたつもり。

自己流のやり方だから正しいわけではないけど、それでも、気持ちを無視しないよう頑張っていたはず。

それでもダメだったことは、少なからずとも私にとって衝撃でございました。

 

そんなダメージを受けていた私、日曜日に久々に神社へ向かっていますと、そこで、恐らく、私の世界で最も恨み、最も恐怖心を植え付けられた人物と遭遇してしまうという不幸。

そう、奴こそ、私が前職を辞める原因となった輩です。私の妄想の中で、何度も切り刻んだ相手なんだけど。

もう、ショックで仕方がない。

もちろん、それが確実にその相手とは限らない。遠目だったし。でも、たとえ本人でなくても、私自身が動揺の気持ちを抱いたことに変わりはなく、それはつまり、まだまだ過去の呪縛から解き放たれていない、引きずったまま、傷が温存されているということ。

そうとう恨んで、許せなくて、そんな気持ちを長い時間をかけて認められて。

ようやく最近は、そんな恨みの気持ちを抱くこともなくなったかと思っていたら、これである。

といってもね、別に激しい感情が湧き上がったわけでなく。

あくまで冷静。でも、この冷静さが、見たくない現実からの逃避による冷静さなのか、本当に気持ちが落ち着いた冷静さなのか判断がつかない。

動揺した以上、気持ちがスッキリ解決していないことは確かだけど。

これは、何かの罰ゲームなのか。

それとも、今回のストレス、ダメージの原因と関係しているよ、という神からのメッセージなのか。神社だけに。

 

本当にね、その当時、私にとっても相当ショックな出来事で。

そんなダメージを与えた本人なわけ。

でも、当時の社会人1年目のいい子優等生だった私は、そんな衝撃を加えてきた人間であっても、嫌ってはいけない、向き合うことが大事、逃げてはいけないと、糞真面目に思っててね。

恐ろしい恐怖にも似た気持ちを持ちつつも、真正面から向き合ったの。

いつか分かり合えると思ったのか、そういう差別はよくないと思ったからなのか、はたまた、逃げるのが弱虫みたいで許せなかったからなのか。

嫌いという気持ちすら、自分の中で認められなくてね。

随分と無理をしたもんだ。

 

おかげで、今もこうして引きずって、3年間もの間引きこもったわよ。

嫌いだと認めてしまえば、認められていたら、こんなことにはならなかったのにねぇ。

本当、社会に立ち向かうのに、あまりにも無防備過ぎた。きれいすぎたね。

もっと、自分を本当の意味で守る方法を、知っておくべきだった。これは大きな後悔だ。

ま、知っていたとしても、こうして今現在の私が、大きなショックに打ちのめされているのだから、結局、私みたいなタイプの人間は、ハッキリ言ってこの社会で生きていくことはかなり不利であると思う。

「残念だったね、あなたの持ち合わせた性質は、今の時代を生きるのに向いてません、大変だけど頑張ってねー」

そんな突き放されたような気分。

精神的なハンディというか、なんというか。

 

「やりたくない」と告げるに至る過程

さて、ここ数日、やけに色々あって風向きが変わってきたので、まとめよう。


これは先週の話になる。

その日の朝、ふと思ったのは、この仕事、ヘルプとして2日に1日入っている他部署での仕事を、実はやりたくなくて、どこに相談に行けばいいんだろうと、そう思った。

そして、行きたくないけど、どうしたらいいか分からない、そんな思いを言ってみようかしら、そう思えた。

そんなひらめきが舞い降りたら、もう、それを無視することなんてできなかった。

だって、もう喉のところまでやってきた言葉なのだ。

これをまた飲み込むのは、ちょっと嫌だった。

この衝動を抑えるのは惜しいし、なにより難しい。後悔しそう。

本当なら、その日1日を終えてから判断してもいいと思ってたけど、言おうという気持ちに入ったら、後回しになんてできなかった。

「行きたくなけど、どうしたらいいですかね」

それだけの言葉。

なのに、どうしてこんなにも深刻な雰囲気が出てしまうのだろう。半分泣いていた。

これは、確かにストレス的なもの、泣くほど嫌なこと、のようにも一見思えるが、実は違う。

自分の秘めていた思い、本音を外に出す、誰かに伝えることに慣れてなくて、それが怖くて泣きそうだったのだ。

しかし、泣くほど私の芯に近い部分にある本音が「やりたくない」というものだとしたら、泣くほど嫌なのこと、というのもあながち間違ってはいない。言葉にして初めて、思っていた以上に深刻な状態だったことに気付く。

で、それを告げたら、まあ向こうも話の分かる方なので、どういうところが?とか。いろいろ聞いてくれた。

しかしだ、どういうところが嫌なのか、説明が難しい。よく分からないのだ。

 

なぜ、私はこんな本音をもつのか、この本音を、勇気を出して告げる、しかも泣きながら伝えるのか、自分でも分からない。

嫌なのは間違いないが、具体的にどう、嫌なのか。

分からない。言葉にできない。

でも嫌なのは、全身が告げている通りだ。

 

正直、自分の状態が分かっていなかった。

これでも、自分の内側を見つめるようになって、結構経つ。感情も、できるだけ自分一人で消化しようと、やっているつもり。

それでも、気付けなかった部分があって、それはそれでショックだし、こうなってしまったことに自分が誰より驚いている。

 

先祖のために、墓参りだとか、お供えだとか4月入ってからやっていたけど、正直言うと、死んだ人間に回しているエネルギーなんてまるでなかった。

自分のことで手一杯。余裕なんてなく。逆に、色々背負い込んでしまった。


でも、結局、ここで背負ってても、そうじゃなくても、ストレスはきっと同じだった。

こうなる前からストレスは抱えてたし、遠くないうちに、やばかったと思う。

でも参加された方と色んな思いを共有できて、思いを告げることに対して、いろいろ思って。

そうした影響もあって、ようやく、口に出せたと思う。だからこそ、隠れていた深刻な問題に気付くことができた。

もし参加していなかったら、その深刻さに気付かず、そのまま何も言えずに不信感いっぱいで辞めてたか、壊れてたか。どっちかだったかもしれない。

ある意味、最悪の結末は免れたのかもしれない。

 

金縛りにあう

実は、かなりのストレスをため込んでいたいたためか、金縛りの夢に遭遇しました。

 

昨日とか、ちょっと色々あって。

どうやら、随分とショックを受けていたらしい自分。

いや、仕事のことで多大なストレスがあったことは事実なんだけど、とある人に言われたことには、ショックを強く感じているのだそう。

過去にも、同じような強いショックを感じたことがあるのかもしれない、とにかく、ゆっくり過ごされてみては?という話だった。

 

で、金縛りにあう夢を見たわけ。

金縛りとは、身体は眠っているけど、脳は動いているから、意識はあるのになぜか身体が動かせない、身動きが取れないと思ってしまう状態のことをいう。

夢の中での出来事なのか、それとも現実として起きていることなのかは、正直判断がつかない。

身体が眠ったままなら、そもそも瞼すらも閉じられているはずだし、となるとその光景が見えているわけがない。

しかし、私は見えていた。

親が乗っかってきたからだ。

 

金縛りの状態って色々あると思うけど、私がこれまで体験した金縛りの夢では、いつも必ず人間が私に覆いかぶさってくる。

職場の男性だったこともあれば、親だったことも。

特に母親の割合が大きい。

これはおかしなことだけど、私、いつも寝る際には電気一つ着けておらず、真っ暗な状態で眠っている。にも拘わらず、乗っかっているのが母親だって分かるのは、どうしたことか。

顔がはっきり見えているのか、なんとなく分かるのか、夢だから何でもありなのか。

そこらへんは都合よくできているが、とにかく、母親が覆いかぶさってきて、私もそれを母親だと認識していて、今ではそれは夢だって分かるけど、初めての頃は恐ろしかった。

最初は、本当に現実の出来事かと思って、身動きを取ろうとしても、まったく身体が動かず、胸にまで覆いかぶさっているものだから、息が苦しい。おまけに声も出せない。

出そうとは思うけど、胸、喉が苦しくて声にならない。

必死で、なんとか母親を引きはがそうとするも、どうにもできないのだ。

母親だからまだ大丈夫、敵意はないと分かるが、父親含めて男性の場合だと、本当に襲われるかと思ったくらい、かなりリアルで恐怖な体験だ。

 

今では、こういう体験が金縛りの夢だって分かるから、とりあえず時間が経過するのを待つようにしている。

苦しみはあるが、時間とともに、動けない苦しさから解放されると、分かっているからだ。

夢か現実か分からないけど、寝そべったまま、冷静な判断をしている自分にも気付く。

ある日の夢では、寝そべっている時、揺れを感じた。でも、これまた身体は全く動かず、意識だけが覚醒している感じ。

身体は動かないけど揺れていて、でも現実なのか夢か分からなかったから、意識を上の方に持って行ってみた。

ベッドの頭の方に机を置いていて、そこに、ガラス容器に水とガラス細工を入れた置物を置いていて、これが揺れると、ガラスがぶつかる軽やかな音が聞こえる。

だからその音が聞こえれば、現実として揺れていることになるし、音がなければ、揺れているのは私だけ。

耳を澄ました結果、音は聞こえなかったため、揺れているのは私自身、ならそれは夢だと確信した。これも一種の金縛りの夢だったに違いない。

 

こうした金縛りの夢っていうのに、20代の真ん中くらいから遭遇しだして、滅多に起こらないけど、1年に1度くらいの割合で遭遇してはいる。

揺れているならともかく、今回のように、知っている人が覆いかぶさってくるのは、大変気持ちがよろしくない。

夜だから、その相手が寝ぼけて私の部屋に入ってきたのかもしれない、という妄想にもつながり結構怖い。

覆いかぶさってくる相手が幽霊や悪魔といった、訳がわからないものでなく、知り合いばかりというのも怖い。

だからこそ、金縛りの夢を心霊現象だとは思わない。

 

とりあえず、かなりのストレスを抱えていことだけは確か。相手が親っていうのも気がかり。

正直、最近ずっと自覚のないところで色々起こっていて、ちょっと参っている。。